2015年04月30日

Androidアプリ「ES ファイルエクスプローラー」を使ってみる(1)


これまで我家での必要性から、スマートフォンはPCの周辺機器という範囲で使ってきました。最近、Androidアプリ「Dropbox」がPC上の「Dropbox」との連携を向上させると共に、Office OnlineやOneDriveとも連携を強めてきています。

そこでAndroidアプリ「Dropbox」を中心に見た時の多様な連携を確認したいと思いますが、その基盤としてスマートフォン・ローカルの情報を扱うAndroidアプリ「ES ファイルエクスプローラー」を使ってみます。

ただ今..
posted by 鎌倉太郎 at 12:09

2014年02月06日

IPAが情報漏えいで、翻訳サービスやWebメールも注意喚起

IPA(情報処理推進機構)のプレスリリースによると、情報セキュリティにおける「今月の呼びかけ」として、クラウドサービスを利用する上での情報漏えいについて注意喚起しています。 こちらで投稿したように、日本語変換IMEでの問題が指摘されました。これまでもクラウドストレージに課題のある事は意識してきたのですが、翻訳サービスとWebメールは注意を払ってきませんでした。
posted by 鎌倉太郎 at 11:03

2013年12月27日

バイドゥ社のPC用Baidu IMEとAndroid用Simejiのソフトを改修

バイドゥ社のプレスリリースによると、こちらで投稿した状況から前進し、改善・改修したソフトの新バージョンを公開しました。 しかし、サーバーに送信したデータの管理や取扱いルールなどには触れていません。 尚、こちらの報道によるとGoogleIME(Google日本語入力)では、入力された文字・文章・番号などをGoogleに送信される事はない、Google日本語入力にクラウド変換の機能はなく、デバイスにインストールした辞書が変換を行うとしています(Webから自動で..
posted by 鎌倉太郎 at 19:23

2013年12月27日

バイドゥ社のPC用Baidu IMEとAndroid用Simejiが情報をサーバーに送信している件で、バイドゥ社が見解を公開

本ブログのこちらにあるような報道に対するバイドゥ社の見解を公開しました。 ネットエージェント社の公式ブログによる分析・調査の項目(こちらを参照)について、次のように回答しています。 1.クラウド入力Offの場合でも入力文字列を送信 ⇒原則、ユーザの許可を受けた上での送信。しかし、送信の為の条件にはログセッションとクラウド変換の2点の事前許諾項目があり、両方をOffにしない限り何らかのデータ送信が発生する。この点は許諾画面の改善をした。 しかし、Si..
posted by 鎌倉太郎 at 02:05

2013年12月26日

バイドゥ社のPC用Baidu IMEとAndroid用Simejiが、全ての文字列を自動的に同社のサーバーに送信

本ブログのこちらで入力変換 IMEに関するセキュリティの注意について投稿していますが、バイドゥ社のPC用Baidu IMEとAndroid用Simejiが、初期設定のまま使用すると全ての文字列が自動的に同社のサーバーに送信されているとの報道を受けて、送信データを解析・調査した結果を公開しました。 ネットエージェント社の公式ブログによると、以下の通りです。
  • 日本語入力の文字列が、SSLで暗号..
posted by 鎌倉太郎 at 13:34

2013年12月19日

日本語などの入力変換 IMEでユーザ辞書を外部サーバに持つ場合、セキュリティの注意が必要

IIJのSecurity Diaryによると、マルチバイト文字を扱う環境において、日本語などの入力変換 IME(Input Method Editor)でユーザ辞書を外部サーバに持つなどの機能が実装されている場合、サービスとしては非常に有効だがセキュリティ上は注意が必要としています。 GoogleのIMEはこちらで紹介していますし、Baiduのオンライン IME (β版)もあります。 ..
posted by 鎌倉太郎 at 00:23

2009年03月26日

Google検索の結果表示で、関連する推奨検索キーワードの提示や内容表示を改良

グーグルの公式ページによると、Google検索の結果表示で、関連する推奨検索キーワードの提示や内容表示などを改良したと発表しました。 Two new improvements to Google results pages 具体的には、次の2点。 1."principles of..
posted by 鎌倉太郎 at 00:02

2008年01月26日

中国産の検索サイト「Baidu」の日本語版が正式スタート、検索機能を比較評価

中国最大手の検索サイト「Baidu」(百度)の日本語版が、1月23日に正式スタートしました。ウェブ検索の他、画像、動画、ブログ検索ができます。 中国では検索サービスとしては70%程(情報によって違いがありますが、大勢を占めている事は確か)のシェアを短期に獲得しているとか。ただ、中国の特殊事情: @一時期”Google”でさえも中国国内からはアクセスできなかった。 中国国内から”www.google.com”にアクセスすると、”www.baidu...
posted by 鎌倉太郎 at 08:04