2008年05月23日

最近起きた犯罪を地図上にプロットする「SpotCrime」サービス


米国の犯罪マップをオンラインで情報提供するサービスがあります。選択した都市の地図上に犯罪が発生した場所をプロットします。




一覧になっている州名を選択して、更に一覧で表示される都市名を選ぶと、地図上に犯罪の種別アイコンで発生場所をプロット。




犯罪の種別としては、
  • 破壊(Vandalism)
  • 強盗(Robbery)
  • 発砲・銃撃(Shooting)
  • 放火(Arson)
  • 盗み・窃盗(Theft)
  • 暴行・強姦(Assault)
  • 住居侵入窃盗(Burglary)
  • 逮捕(Arrest)
  • その他(Other)
があり、犯罪種別を選択限定して調べられます。また、期間を限定できるだけでなく、発生時間(朝、午後、夜間)も限定できます。


このアプリケーションはGoogle Mapsを使ったマッシュアップになっていますので、ズームインで詳細な街角まで判ります。

犯罪種別のアイコンにマウスを置くと、発生した日時・状況が出ますが、更にアイコンをクリックすると、「View Details」 ⇒ 「View Source」とたどって、Web上の犯罪報道記事まで(もしあれば)見る事ができます。



iPhone用のサイトもあります。(PCからもアクセスできます)
http://www.spotcrime.com/iphone.php


posted by 鎌倉太郎 at 01:06
"最近起きた犯罪を地図上にプロットする「SpotCrime」サービス"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。