2008年05月15日

ウィキペディアの情報が、Googleマップに表示


Googleマップにウィキペディア(Wikipedia)の情報が表示されるようになりました。ウィキペディアにはジオコードを持つ項目がありますが、Googleマップで表示したエリアにある対応のウィキペディア項目毎にシンボルが表示されます。


実際にGoogleマップの地図検索で、「New York,New York」と入れて見て下さい。「ストリートビュー」や「渋滞状況」の右にある「その他」にある「写真」と並ぶ「Wikipedia」にチェックを入れます。



大きな地図で見る


ウィキペディアのシンボルをクリックすれば、項目の内容を見る事ができます。


日本の場合には、「ストリートビュー」や「渋滞状況」はありませんが、「その他」に「写真」と「Wikipedia」があります。



また、別のGoogleマップの新機能として、左メニューの「このエリアを散歩」があります。Google日本の公式BLOGによると、「Googleの東京オフィスで開発したもの」だそうです。

posted by 鎌倉太郎 at 02:26
"ウィキペディアの情報が、Googleマップに表示"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。