2021年10月19日

大地と空が織りなす絶景(639) - チリに建設したALMAの前景に、太陽が地平線に沈むにつれてオレンジ色・赤色になっていく雲


ヨーロッパ南天天文台(ESO)のホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


チリ・アタカマ砂漠に建設したアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array、ALMA)の高精度パラボラアンテナが合計66台並ぶ前景に、太陽が地平線に沈むにつれてオレンジ色・赤色になっていく雲:



改めて夕焼けの原理を勉強する機会を与えてくれます。

posted by 鎌倉太郎 at 17:00
"大地と空が織りなす絶景(639) - チリに建設したALMAの前景に、太陽が地平線に沈むにつれてオレンジ色・赤色になっていく雲"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。