2019年12月14日

日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(12) - ファイル操作(3)


今回はファイルの内容を操作するのではなく、エクスプローラでファイルの削除やリネームをする操作と同じ事が、なでしこからプログラムで行えます。



フォルダの新規作成(既存なら無効)・削除、ファイルのコピー・削除・リネームなどができます(こちら)。

なでしこ_1201_s.jpg



「フォルダ列挙」から得られる配列を用いて、順次にそのフォルダに対する操作を行えます(こちら)。

なでしこ_1202_s.jpg

フォルダのパスを指定しないと、カレントフォルダがデフォルトになります。また、「変数分配」も便利な命令です。



ワイルドカードを使って、特定拡張子だけのファイルを一覧表示したり、コピー・削除できます(こちら)。

なでしこ_1203_s.jpg

「全ファイル列挙」命令では、サブフォルダにあるファイルの列挙も行います。「ファイル抽出コピー」命令では、サブフォルダに対象の拡張子のファイルがあれば、そのファイルもサブファイルに含まれる形でコピーされる事に注意してください。



posted by 鎌倉太郎 at 14:00
"日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(12) - ファイル操作(3)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。