2019年11月30日

ニューヨーク&ボストン旅行 - ボストンでの米国独立前後の遺産(2)


ボストンの続きです。米国独立前後の事件・状況などに関連する施設・場所・遺産など。



こちらは「ファニエル・ホール(Faneuil Hall)」です。米国植民地時代の富豪が商業用兼町の集会用のホールとして寄贈しました。米国独立の為の演説も行われたとの事。



像は米国建国の父の一人サミュエル・アダムズ(Samuel Adams)です。


館内では活版印刷のデモもしていました(こちら)。




こちらこちらは「ファニエル・ホール・マーケットプレイス(Faneuil Hall Marketplace)」(中央も含めた合計3棟)です。





非常に込み合っていました(中央の「Quincy Market」内がこちら)。




こちらは旧市庁舎(Boston's Old City Hall)で、米国で建設されたフランス第二帝政期建築の最初の建物の1つす。




posted by 鎌倉太郎 at 23:50
"ニューヨーク&ボストン旅行 - ボストンでの米国独立前後の遺産(2)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。