2019年04月18日

メキシコ旅行 - メキシコ国立自治大学(5日目) 壁画


5日目にはメキシコ・シティに戻っていて、メキシコ国立自治大学を訪問しました。この大学のメインキャンパスは、「大学都市(Ciudad Universitaria、University City)」として世界遺産になっていて、建物の壁面を飾る壁画が知られています。



「大学都市」にはオリンピック・スタジアム「エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ(Estadio Olímpico Universitario)」が含まれていて、ディエゴ・リベラ(Diego Rivera)によるエントランスのレリーフがこちら




ダビッド・アルファロ・シケイロス(David Alfaro Siqueiros)による学長塔の壁画はこちら


残念ながら修復中でした。借用写真によればこちらです。



フアン・オゴルマン(Juan O'Gorman)による中央図書館がこちら




他にもこちらこちらにもありました。




家族で卒業記念の撮影をしている様子が映っていますが、卒業式直後は混雑するので、別途写真を撮る(及びパーティーの?)日を設定しているそうです。



良い時期に行った事もあり、ジャカランダ(Jacaranda)の花が綺麗に咲き誇っていました(こちら)。




posted by 鎌倉太郎 at 17:12
"メキシコ旅行 - メキシコ国立自治大学(5日目) 壁画"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。