2019年04月09日

メキシコ旅行 - イサマル(3日目) 修道院・教会


第3日の最後は「黄色い町(Yellow City)」と称されるイサマル(Izamal)観光でした。主な目的は町の中心にある「サン・アントニオ・デ・パドゥア修道院(Convent of San Antonio de Padua)」と教会でした(こちらこちらこちらこちら)。










「黄色い町」と言われるのは、1993年にローマ法王がこの街でミサを行った事をきっかけに、バチカンの国旗の色を町のカラーにしたそうです。実際修道院の前の広場を中心に全ての家・建物の壁が黄色になっていました(こちらこちら)。





それにしても、観光用の馬車と馬の飾り(こちら)が可愛い・・・




元々イサマルはマヤの有力都市の1つでありビラミッドがありました。その1つを破壊してその上に修道院を建てたのですが、修道院からは現存するピラミッド(Kinich Kakmó Pyramid?)も建物の後ろに見えました(こちら)。




posted by 鎌倉太郎 at 12:15
"メキシコ旅行 - イサマル(3日目) 修道院・教会"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。