2019年04月04日

探査機「はやぶさ2」が人工的なクレーターを形成する試みをすべく、小惑星「リュウグウ」へ下降開始


こちらのツイートによるとJAXAが運用する探査機「はやぶさ2」に対し、「衝突装置(SCI)」で人工的なクレーターを形成する新たな試みをすべく、小惑星「リュウグウ」の上空20㎞のホームポジションから13:00に下降を開始した事を確認しました。




各ポイントでの意味と時間などの模式図も発表しています。






posted by 鎌倉太郎 at 14:01
"探査機「はやぶさ2」が人工的なクレーターを形成する試みをすべく、小惑星「リュウグウ」へ下降開始"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。