2019年03月01日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 6.2) - データーベース機能「Base」(5)


これまでは1人の健康管理で血圧・脈拍や歩数を管理する状況でしたが、今回以降は家族の健康管理まで拡大して血圧・脈拍や歩数を管理すると共に、将来的に血糖値や尿酸値などのデータも管理できるような事前の配慮をしたい場合を想定します。

その為には家族一人ひとりの名前を認識すると共に、食事の好みなど(場合によっては、注意すべき食事内容など)も項目に含める必要があります。しかし、毎回の血圧計測と違って、食事の好みなどはほとんど変わりません。それを毎日入力する事は面倒なので、個人毎のデータを別のものとしてその中に好みなどの状況を入力しておけば、計測データが誰のものなのかを分る様にする事で解決できます。



データベースとして扱うに当たって、今回は計測データと個人に関するデータは別のものとし、それを繋げる情報を付加します。具体的に「LibreOffice」のデーターベース機能「Base」で2つのテーブルを用意します。


起動直後のデータベースファイル選択では既にできているファイルを使います(こちら)。


既に1つのテーブルがあるのですが(実際にも今後使う事はありませんので、削除しても構いませんが・・・)、直接関係のないテーブルも1つのファイル内で管理できる事を強調する為に残しておきます。



先ず、「家族一覧」テーブルの項目はこちら




家族の特定個人を認識するIDを含めた「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルの項目はこちら


特にテーブルの各データを識別できるように「データID」項目をプライマリキーとして付加し、自動入力の指定をしておきます。



2つのテーブルを関連付ける為、メニュー「ツール」→「リレーションシップ」を選択します。「リレーションデザイン」ウィンドウで「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルと「家族一覧」テーブルを追加し、メニュー「挿入」→「新しいリレーション」で「個人識別ID」を関連付けます(こちらを参照)。


関連付けた項目は直ちに線で結ばれます(下の「ビューを作成」の部分を参照)。



さて実際にデータを投入します。テーブル一覧にある「家族一覧」テーブルと「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルを別々に選択して入力します。

「家族一覧」テーブルへの入力結果がこちら



「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルへの入力はこちら


データIDが0から順次+1されながら設定されているのが分かります。



データ入力の状況を確認する為に、血圧の情報だけを表示してみます。

テーブルに対するタスク「ビューを作成」を選択し、「家族一覧」テーブルと「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルを追加すると、2つのテーブルが関連付けられている事を明示しています(こちら)。




テーブルを設定した後フィールドを選択するという順序で、表示する項目を指定します(こちら)。


特に注意して欲しいのは、データIDを先頭に移している事、「個人識別ID」の代わりに名前を表示している事、そして全ての項目を指定している訳ではない事です。

このビューに名前「家族の血圧データ」を付けて保存します。



ビューで表示した所がこちら


項目の表示幅はドラッグで広くできます。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00
"MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 6.2) - データーベース機能「Base」(5)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。