2018年09月20日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(18)【改訂】


オープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」を使って、写真から芸術的な(!?)絵画風の画像に変換します。



こちらの写真をベースとします。


絵画調にするので、画像としてコントラストを強調しておくのが良いと思います(メニュー「色」→「Brightness-contrast」)。



メニュー「Filters」→「Artistic」の項目で、今回は「Waterpixels」を選択します(こちら)。



自動的に変換処理した結果と、その値を示したツールボックスを表示します(こちら)。



少し細かい表現をする為に「Superpixels size」を下げるなど、各項目の値調整をするとその時点の数値に従って変換処理をします(こちら)。


プレビューで結果を見ながら、必要により何度か値調整をして「OK」で完成します。



更に、メニュー「Filters」→「Artistic」の項目で、「Apply Canvas」を適用してキャンバスの布目を表現にいれると、より絵画風に見えます(こちら)。



「Apply Canvas」でも必要によりツールボックスで数値調整ができます(こちら)。




完成した絵画風画像がこちら

メニュー「Filters」→「Artistic」の項目にはその他にも多くのツールがありますので試してください。



尚、利用した画像はこちらから借用しています。



【改訂】 2018年09月20日 14:45 追記


posted by 鎌倉太郎 at 12:00
"多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(18)【改訂】"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。