2018年07月17日

プログラミング学習を目的とする言語「PG0」が、エディタ&実行環境と共に公開


プログラミング学習を目的とする言語「PG0(ver 0.0.3)」が公開され、ソースエディタ&インタープリター実行環境を利用できます。
こちらからダウンロードできます。


プログラミングについて座学ではなく、実際にプログラミングを初めてやってみたい人向けです。小学生からプログラミングを学ぶ時代ですから、最適なタイミングです。


ダウンロードのページからは、「チュートリアル」や「言語仕様」ページへのリンクや(解答例付き)問題集へのリンクもあります。ダウンロードして展開したフォルダにはソース例も登録しているので、どのように動作するのかを簡単に知る事もできます。



エディタ&実行環境では、こちらの右側のように実行した変数の内容を見る事ができ、実行をステップ毎に進められる(且つ、実行している文もわかる)ようになっているのは、プログラムの流れが分かり易くて理想的。


言語仕様には入出力文がないので、簡単でも実用的なプログラム作成といった事はできませんが、プログラミングにおける「変数」や「実行制御」の概念を知るには最適です。





posted by 鎌倉太郎 at 18:00
"プログラミング学習を目的とする言語「PG0」が、エディタ&実行環境と共に公開"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。