2017年11月24日

スコットランド紀行(25) - オーバンとその周辺


スコットランド滞在第9日目は、ロッキー湖(Loch Lochy)中央部のレター・フィンレイ(Letter Finlay)という小さな村から、スコットランド西部の港町オーバン(Oban)への移動です。その間、グレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)やカレドニア運河(Caledonian Canal)のバナビ閘門(Neptune's Staircase、Banavie Locks)、そして雄大な景観のグレンコー(Glen Coe)に行きました。



グレンコーからオーバンに行く間に、小さな島に建つ古城を見つけました。車窓からチラッと見えたので探して撮ったお城がこちら



写真を撮っただけですが、調べてみたら伝統的に「Castle Stalker」と呼ばれる「Aaaargh Castle」との事です。1900年代初期に再建されました。



もう一つ通りすがりに車窓から見つけたものが、「Connel Bridge and Lara Falls」です(こちら)。但し、これは第10日目にインヴァレリー城(Inveraray Castle)を観光したオーバンへの帰路で見つけました。


「コネル橋(Connel Bridge)」はカンチレバー(cantilever)を用いた手法で建設していて、他の例として以前にエディンバラ(Edinburgh)近くにあるとして紹介した「フォース橋(Forth Bridge)」があります。

「Lara Falls」は上流の「エティーブ湖(Loch Etive)」の水位と海面の潮位による差から岩場の棚で起こります。



さて、オーバンの街は大型のフェーリーが発着するなど、マル島(Isle of Mull)などをはじめ西に点在する島々への起点となっています(こちらこちら)。大規模な柱状節理の洞窟が見られるスタファ島(Staffa)などへの観光船もここから運行しています。





鉄道が発着したり(こちら)、ウィスキー蒸留所(こちら)・大型スーパーもあり、観光客が多いせいか非常に活気を感じました。





オーバンに宿を予約した背景はスタファ島への観光を想定していました。しかし、観光船が小型の漁船並みで、オーバン湾が波静かでも島は外洋域になる上、島の周りは特に波が荒いとの事。更に翌日の天気予報が必ずしも良くない状況で(こちら)、スタッファ島観光は(怖気づいて?)断念しました。その代わりに、エディンバラへの途中で寄ろうと思っていたインヴァレリー城を観光する事になった訳です。




第9日のルートは古城やコネル橋を追記してこちらに再掲しておきます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:20
"スコットランド紀行(25) - オーバンとその周辺"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。