2016年12月02日

カナダ紅葉とシカゴの旅(58) - 駅舎


歴史的な建物という事でこちらの旧駅舎の「ディアボーン駅(Dearborn Station)」を見学しました。



現在はテナントビルとして使われていますので、内部がこちら


何となく旧駅舎の雰囲気が漂います。



こちらは現在も使われている長距離・近距離列車などが発着する「ユニオン駅(Chicago Union Station)」。



大待合室「グレート・ホール(The Great Hall)」がこちらです。



多くの映画シーンで使われましたが、映画「アンタッチャブル」で使用された大階段はこちら



プラットフォームは南北2つのホーム群に分かれていますが、こちらは南プラットフォーム。


非常に広いエリアにまたがっているようで、全体を掴む事ができませんでした・・・



こちらはダウンタウンを走る高架鉄道。


剥き出しの鉄骨による高架線路は、車体は新しくなっても古き時代を感じさせます。



上掲の地点をこちらのGoogle地図にプロットしました。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00
"カナダ紅葉とシカゴの旅(58) - 駅舎"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。