2016年12月01日

カナダ紅葉とシカゴの旅(57) - 「Open House Chicago」(5)


シカゴ(Chicago)のダウンタウンを中心に、シカゴ建築財団(Chicago Architecture Foundation)主催で開催していた「Open House Chicago」では、普段は入館できない(or 気が引ける)多くの建物に入場が可能になっていました。



これまでの投稿で紹介していない建物も、ここで幾つか掲載しておきます。

今は大学施設の1つですが、現在も一般のイベントでも使われる事があるという劇場「Merle Reskin Theatre」がこちらこちら





「都市内都市(city within a city)」という大きい構想で企画しましたが、縮退して現在のデザインになった複合施設「River City」がこちら


シカゴ一の「ウィルス・タワー(Willis Tower)」から見た所がこちら




「Open House Chicago」の対象になっていませんでしたが、歴史的な建物という事で見学した所として、近代摩天楼建設の原型という世界で最も古い高層建築「ルッカリー(Rookery Building)」がこちら



米国の建築家フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright。こちらも参照)が改装したロビーがこちらこちら





上掲の地点をこちらのGoogle地図にプロットしました。



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00
"カナダ紅葉とシカゴの旅(57) - 「Open House Chicago」(5)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。