2016年11月10日

全機能が無料になった「後で読む」系のサービス「Instapaper」を使ってみる(1)


こちらで「後で読む」系のサービス「Instapaper」を紹介しましたが、こちらのニュースリリースによると、プレミアムユーザに限定していた機能が全ユーザに無料で利用できるようになりました。

これはPinterest社が買収した結果です。主に、
  • 広告の非表示
  • 登録した記事のフル・テキスト検索
  • 無制限のメモ数
などが可能になります。



前回投稿時より格段の拡張があるので、「Instapaper」をこちらから改めて使ってみます。




必要により無料のユーザ登録をしてログインします。既に保存した記事があればこちらの様に一覧表示します。




今回はPC上のブラウザで保存する記事を登録する事にします。ChromeやFirefoxでは拡張機能やAdd-onを使う事ができますが、どのブラウザでも(但し、Edgeは現在可能性が不明)同様に使える方式として、こちらからアクセスして「bookmarklet」をブックマークバーに登録します(こちらを参照。各ブラウザ毎に設定が必要)。


下部の「More」のメニューからも可能。



Web上の記事をブラウザで表示した際に、その記事を保存したい場合ブックマークバーにある「Save to Instapaper」をクリックします。保存する内容のテキストを表示するので、再度右上の「Save to Instapaper」をクリックします(必要により「Instapaper」にログイン要求がある)。



登録した結果は「Home」フォルダの記事一覧に表示します。こちらの様に記事の下にあるフォルダ・マークのプルダウンメニューで、作成したフォルダに分類して移動する事ができます。隣にある「Archive」マークで予め設定してある「Archive」フォルダに移動する事もできます。




次回に続きます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00
"全機能が無料になった「後で読む」系のサービス「Instapaper」を使ってみる(1)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。