2016年02月28日

YouTubeで動画の登録時にぼかしを入れられる機能をサポート


公式 YouTube creatorsブログによると、YouTube動画の登録時に簡単に動画のどの動く部分にもぼかしを入れられる機能をサポートしました。



実際に動画登録の画面で「動画加工ツール」の「ぼかし効果」タブを選択すると、こちらの様に「カスタムぼかし」が使えるようになります。



「編集」を選択して、こちらでぼかしを掛ける対象を選び、範囲を指定します。



認識される対象は単純な例ですが、こちらの様にぼかしを入れる事ができます。




しかし、ぼかしを入れたい対象が他の対象と交錯する時におかしな現象が生じます(例えばこちら)。



こちらではぼかしの対象が入れ替わっています。


実は上掲の2つはカット処理をした後「編集中」の状態が続いています・・・


また、こちらの例で緑のをぼかしの対象とすると、原因不明のエラーになります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:00
"YouTubeで動画の登録時にぼかしを入れられる機能をサポート"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。