2016年01月29日

日本の工芸品を紹介する「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクトがスタート


グーグル社(日本)公式ブログによると、日本の工芸品を紹介するとして「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクトをスタートしました。




プルダウンメニューから分かる通り、世界中の美術館の収蔵作品を画像展示するプロジェクトなどを含めた「Google Cultural Institute」の一環です。



意図してはいないと思いますが、日本政府が推進している「観光ニッポン」政策の方向で、日本文化を深層から知ってもらい日本各地への興味を掘り起こすと共に何度も来日してもらうという考えにマッチして良い企画だと思います。

制作現場や歴史的な解説もあり、単に作品を閲覧できるだけではないというデザインは好いです。要点が把握できて解説も詳し過ぎず綺麗な画面で見せてくれるのは、美術展の作品カタログを見ているようで、日本文化から大分離れた日常生活をしている私などは興味をそそられました(こちらこちらこちらを参照)。





日本の工芸品の幅広さも改めて自覚した次第です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00
"日本の工芸品を紹介する「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクトがスタート"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。