2015年09月17日

透かしを簡単に実現するソフト(3) - Photo Watermark(1)


今回は「Photo Watermark」です。こちらからインストールします。


今回も体験版になり、出力画像に「DEMO」の透かしが入ります。



「Photo Watermark」を起動した所がこちら


基本的な流れは誘導表示を参照しながら進める事ができます。


誘導表示に従い「Load Photos」ステップとして先ず画像ファイルを登録します(こちら)。


フォルダによる選択もできますが、これはフォルダ自体を選択するという意味ではなく、指定フォルダ内の全てのファイルを指定するという意味です(最後の2ファイルがフォルダ指定から設定)。指定フォルダにサブフォルダがあってもそれ以下のフォルダ内にあるファイルは無視されます。



「Next Step」をクリックして「Add Watermark」ステップへ進みます。機能毎に設定タブに分かれています。先ず「Text」タブでテキストの透かしを指定します(こちら)。


「Add file info」によりテキストに個別にファイル名などを設定できます。



テキストの透かしが設定できたら必ず「Save & Create a New Layer」で機能タブ毎にレイヤの作成指示をします。こちらは画像の透かしを「Image」タブで作って2つのレイヤを設定した所です。


「Layer」の下にある「Opacity」で透明度を指定します。透かしの配置指定はドラッグによって自由に位置を指定する事ができます。



更に「Frame」タブでこちらの様に枠を設定出来ます。




今回はここまでの指定で留めて置いて「Output」タブで「Run」により処理実行します(こちらを参照)。


その際に購入の誘導が入りますが、慌てないように・・・



その結果がこちらです。




全体の流れを把握したので、次回は少し多様なな指定についてです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:10
"透かしを簡単に実現するソフト(3) - Photo Watermark(1)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。