2015年07月20日

関連の複数Webページを画面上に広げて見られるFirefox拡張機能「Tile Tabs」(4)


右クリックメニューにも「Tile Tabs」の機能を持っていますが、更にリンク先のページを分割対象として指定できる特別な機能があります。実例として表示しているページにある「冥王星」リンクに対して右クリックメニュー「Tile Link in New Tab」→「Right」とした所がこちら


結果がこちら




フォーカスしているタブの表示ページ部分に対して右クリックすると、(プルダウンメニューの「Tile Tab」からもできますが)異なるタブを分割対象とするにはこちらの様にたどります。




しかし、直接に分割対象とするタブのラベル部分に対する右クリックではこちらの様に 1ステップ少なくて済みます。結果はこちら




フォーカスタブとは異なるタブに対して、右クリックメニュー「Tile New Tab」の結果は「Tile Tabs」の「新しいタブ」を生成しますが、「Tile Duplicate Tab」を使った場合(こちらを参照)の結果はこちらになります。



つまり右クリックしたタブと同じタブを作り、そことの分割になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00
"関連の複数Webページを画面上に広げて見られるFirefox拡張機能「Tile Tabs」(4)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。