2015年04月16日

オンラインストレージ対応ファイル同期ソフト「EaseUS Eveysync」を使ってみる(2)


こちらでファイル同期ソフト「EaseUS Eveysync」をインストールしてから大分時間が過ぎました。設定により処理が変わる部分もあるので、ここでまとめておきたいと思います。



設定に関わる部分として、こちらの「Settings」クリック→「Settings」によって、同期のルートを指定できます。




ファイル管理画面のこちらで、「Properties」を起動して同期/バックアップの切替えなど、処理の内容を変える設定ができます。



こちらが「Properties」画面で、同期(or バックアップ)する対象や同期(or バックアップ)先のフォルダ指定がここでもできる他、処理モードの変更ができます。


「Sync mode」は同期(or バックアップ)の方向を示します。双方向("⇌")であれば「同期」というでしょうし、一方向であればバックアップと呼ぶ方が良いでしょう。

「Plan settings」も同期(or バックアップ)の起動タイミングを指定します。更新があれば(n分後に)行うか、指定の曜日・時間になったら行うかの指定になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:00
"オンラインストレージ対応ファイル同期ソフト「EaseUS Eveysync」を使ってみる(2)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。