2015年01月25日

米国西海岸の旅(31) - ラスベガスの面白いオブジェ


こちらの概略投稿で、シティ・センター近辺のタトゥー・ショップにある招き猫飾りを紹介しました。本稿では見つけた範囲で面白そうなオブジェを紹介します。



最初がウィン・ラスベガスにあったポパイ像(こちら)。


ポパイもラスベガスに来るとハデになるようです。



今回のラスベガスのホテルで目新しかったのがシティ・センター周辺でした。第3回目の訪問時(2008年)には建設中だったのです。この建物はピサの斜塔の様に傾いています。別の角度からこちらこちら



シティ・センターなどの建設で一時運休していたベラージオとモンテカルロ(Monte Carlo Resort and Casino)を結ぶトラムは、こちらの様に運転再開していました。



実は上掲写真の右下に見えるのは噴水の一部で、小品ながらチョッと変わった噴水でした。シティ・センターのエントランスにあるのですが、言葉で説明できないのでこちらのYouTube動画でどうぞ。

City Center Fountains Las Vegas


暗くなって照明がハッキリしてくると、こちらの様に綺麗になります。



同じシティ・センターでは、これまでと若干趣きを異にして、芸術にも意識を向けています(こちらこちらこちら)。






ラスベガスの老舗フラミンゴ・ラスベガス(Flamingo Las Vegas)では、ヒルトン系お決まり(?)のフラミンゴがいるか(以前までは実際にいたが・・・)と思いきや、カッショクペリカン(California Brown Pelican、こちら)やクロエリハクチョウ(Black-necked Swan、こちら)がいました。季節に依るのでしょうか・・・





季節といえば、こちらの様に屋外にスケートリンクが何ヵ所かありました。



 
posted by 鎌倉太郎 at 11:00
"米国西海岸の旅(31) - ラスベガスの面白いオブジェ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。