2012年10月01日

リニューアルしたクラウド型表計算サービスZoho シート3.0を使ってみる(10) - ソルバー


今回「ソルバー(solver)」機能が追加になっています。Excelにはありますが、Excel Web App Previewには無い機能です。

以前の目標計算(ゴールシーク)では複数の条件下で1つの変数について最適解を求める例でしたが、今回の例のソルバーは2つの変数を持つ場合の組合せの最適解を求めます。



値段の違う2種類のケーキを組合せて、3000円以内の手土産にしたいとか、更に10個入りのケースに入れる組合せにしたいとかいった問題を扱えます。


まず1つの例から。こちらでは単価をベースにした表を作ります。その際に小計・合計数量と合計金額のセルには適切な算式を入れておきます。「データ」タブ→「ソルバー」としてセルに対する条件を設定します。合計金額が3000円以内、合計数量が10個という条件の下で、2種類のケーキの数量を決めて3000円にできるだけ近いようにしたいという意味になります。


この条件で実行した結果がこちら


丁度3000円で5個づつの組合せで良い事になります。



今度はケーキの単価は変わりますが、その他の条件は変えずに(指定の様子はこちら)実行するとこちらになります。


小数点以下のケーキを注文する訳にいきません。恐らく、マロンロールが4個、チーズケーキが6個というのが最適解(合計金額は2960円)なのでしょう・・・


ここでの課題は(Excelでは可能な)数量を整数に制限できる条件を設定できない事にあります。今後の改善を望みたい。



合計金額だけ最大値を決めてケーキの組合せの合計数量の最大を求める場合(指定の様子はこちら)も同様な結果になります(こちら)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:26
"リニューアルしたクラウド型表計算サービスZoho シート3.0を使ってみる(10) - ソルバー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。