2012年01月12日

巨大な人工のクレータを利用した未来の地下都市(Eco-city 2020)プラン


ロシア・シベリアのミールヌイ(Mirny)にあるミール鉱山跡(Mir mine)は、巨大な人工クレータ(深さ525m、直径1,250m)になっているそうです。

そこでクレータに2020年完成で10万人規模のエコ都市を作ろうという計画(Eco-city 2020、完成予想がこちら)があるそうです。大胆な計画ですが、資金不足の問題があります。






その計画の概要をNAVERまとめのこちらに情報整理してみました。


ミールヌイの場所は、こちら極寒の永久凍土層の地域です。





 
posted by 鎌倉太郎 at 15:55
"巨大な人工のクレータを利用した未来の地下都市(Eco-city 2020)プラン"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。