2010年06月03日

MLBベテラン審判の大誤審! 完全試合の最後の走者判定で【再改訂-YouTube動画入換】


産経ニュース(こちらを参照)によると、米国メジャーリーグベースボール(Major League Baseball、MLB)で9回2アウトまで完全試合ペースだったのに、最後の一人の1塁ベース上判定で誤審(こちらを参照)があり、アルマンド・ガララーガ(Armando Antonio Galarraga)投手がMLB今期3つ目の完全試合の栄誉を逃したとの事(こちらを参照)。



記録の訂正(確定)に関しては未だ分かりませんが、下記の改訂を参照。1塁上での判定映像がYouTubeに動画登録されていますので掲載しておきます。





【削除動画】


【改訂】2010年01月25日 15:40 YouTbe動画の削除により入換
    2010年06月04日 19:15 記録は「セーフ」で確定

この記事によると、MLBコミッショナーの「人間による判定は野球の一部」という発言で記録の訂正は無し。

しかし、こんなエピソードGM最高級車のプレゼントがあったそうです。

ガララーガ投手の「誰も完全(パーフェクト)な人間はいない」という言葉は、流行語になるかも知れません。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:41
"MLBベテラン審判の大誤審! 完全試合の最後の走者判定で【再改訂-YouTube動画入換】"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。