2010年02月19日

ツタンカーメンの謎を解くDNA調査の結果が発表に

ツタンカーメン王のDNA調査をしているという報道がありましたが、2010年2月16日発行の「Journal of the American Medical Association」誌で発表されました。これまでの勇敢なツタンカーメンの雄姿が、病弱な少年王というイメージに変わるかも知れません。また、父親はこれまでの説の通りのアクエンアテン王でしたが、母親は美しい胸像で有名なネフェルティティという説が覆され、ミイラが「Younger Lady(若い方の女)」と呼ばれていた女性で、(近親婚になる)おばでもあるとの事ですがどのような人なのかは謎のまま。

DNA調査の結果について「National Geographic News」(日本語版)に掲載された一連の記事を下に挙げておきます。記事へのリンクはタイトルをクリックします。

ツタンカーメンの謎、DNA調査で解明【2010/02/17】





ツタンカーメンDNA調査:杖をつく姿【2010/02/17】





ツタンカーメンDNA調査:輝くマスク【2010/02/17】





ツタンカーメンDNA調査:父の真相【2010/02/17】





ツタンカーメンDNA調査:母のミイラ【2010/02/17】





ツタンカーメンDNA調査:画期的成果【2010/02/17】





 
posted by 鎌倉太郎 at 14:32
"ツタンカーメンの謎を解くDNA調査の結果が発表に"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。