2009年07月13日

サンフランシスコ、ロサンゼルスの旅紀行(16)-サンタモニカ

米国滞在9日目は、ロサンゼルス・サンタモニカ(Santa Monika)の海岸へ。前回にゲッティセンターに行った時、寄ろうと思っていて果たせませんでした。

ロサンゼルス中心部(Google Maps)





今回は直行する事にして、ダウンタウンからメトロ・ラピッド720番(他に704番でも可能)で行きました。ただバスだと時間が掛かる事もあって、メトロ・レール パープル・ライン(Purple Line)のウイルシャー・ウエスタン(Wilshire/Western)駅まで行ってから、メトロ・ラピッド720番に乗り換えました。



ダウンタウンでは雲がドンヨリとかかっていましたが、サンタモニカが近づくにつれて明るく輝く南国の様な天候になったのが、印象的でした(これは時間的な天候変化なのか、地理的なダウンタウンとサンタモニカの天候の違いなのかは分かりません・・・・・多分後者)。ダウンタウンとサンタモニカは、直線で23km程の距離があります(横浜と鎌倉海岸の直線距離以上にあります)。


まずは、サンタモニカ埠頭(Santa Monika Pier)へ。





両側に綺麗な海岸線






有名なサード・ストリート(3rd St.)・プロムナードへも。子供連れ家族の憩いの場ショッピングという雰囲気でした。










サンタモニカの海岸線には、「xxx・ビーチ」と名付けられた所が沢山続きます。(海岸線沿いに南へいく)近くには若者が多く集まるという「ベニス・ビーチ(Venice Beach)」があります。メトロ・バス333番で(何時もの通り、観光ガイド・地図のストリート名とバス停に付けられたストリート名を頼りに)「Windward Ave.」のロータリーの所で降りてから海岸の方へ行くと、サード・ストリート・プロムナードとはまた違った雰囲気になります。メトロ・バス以外に市営のビッグブルーバス(Big Blue Bus)もありますが、メトロの1日乗車券があるので・・・・・・・


海岸沿いの屋台の列





サイクリングを楽しむ人も多数






再び、メトロ・バス333番でサンタモニカに戻り、メトロ・ラピッド720番でダウンタウンに帰る途中で、高級ブティックが建ち並ぶ「ロデオ・ドライブ(Rodeo Drive)」に寄りました。目的は直ぐ近くにある「Beverly Wilshire Hotel」を見る為。ここは映画『プリティ・ウーマン』(Pretty Woman)で使われたのです。


「ロデオ・ドライブ」を散策している時、モデルの写真撮影が行われているのにも会いました。





 
posted by 鎌倉太郎 at 14:18
"サンフランシスコ、ロサンゼルスの旅紀行(16)-サンタモニカ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。