2009年04月18日

Display 2009(国際フラットパネルディスプレイ展)に行ってきました

Display 2009(国際フラットパネルディスプレイ展:2009年4月15日~17日、東京ビッグサイト)に行ってきました。この展示会は最終製品ではなくて(材料、製造を含む)技術が中心。

目的は裸眼で見られる3Dモニターと電子ペーパー。



まず、3Dモニターでは裸眼による視聴がどの程度できるのかが眼目。一番感心したのが、VMJ(株)による65インチTFT(フルHD)での立体画像表示(ドイツの3D映像技術を導入している?)。指定された場所で見ると、立体の回転がピントが合って綺麗に見られました。

技術的な事は深くありませんので、3次元ディスプレイについてこちらの解説を参照。

要するに、モニター上で常に同時に映している右目用と左目用の両方の映像を、各々右目と左目で上手く分解して見れれば、3D映像を見る事ができるといいます。


今回特に3D映像をみるにあたって言われたのは、最適視点距離を保った所(そこに焦点を合わせた処理をしている)からみる事。確かにその位置から見ると綺麗な立体映像が見られます。しかし、そこから数cm前後しただけで二重になってしまったり、(大型の画面であった為か?)モニターの両サイドにある映像が若干ですが歪んで見えたりしていました。勿論、二重になっている映像を見るのは疲れます。
[あるブースでの説明:3D技術は人の目の錯覚を利用しているので、人の左右の視力の差によっては、別の人が立体に見えても、立体に見えない場合があると・・・・・・・]

他のメーカーのものも同様でしたから、この辺が現状の技術的な限界のようです。

その為か、別のブースの説明では利用目的として、広告宣伝で振り向かせる役割と3D映像を珍しいものとして見ている間の宣伝を挙げていました。
勿論、立体映像を製品開発などのツールとして使う事もあるでしょうが、暫くは一般家庭で(価格は別にして)見るようなレベルにはなりそうもないように感じました。


一般家庭での利用という意味では、メガネを使った3Dモニターを展示していたSONYが、TVへの活用という事で実現可能性では一番近いと思われます。実際にSONYのデモを見てみると、崖をジャンプするシーンなどは、思わず引き込まれてしまいました。メガネを使う方式は、既にアトラクションなどでも使われていますので、技術的には成熟してきているのではないでしょうか。一部でTV放映も始まっているとの事ですが、展示デモでサッカーの中継試合を見た時は素晴しいと思いました。

その際に課題になるのが、継続的に3D映像にする番組コンテンツがあるかという事と、そのような番組を作るコストと効果の判断。コストを下げるという事で、今回の展示でも2D映像を3D映像に変換する(一部でリアルに変換する)デモもありましたが、結果の映像はマダマダという所でした。
尤も、家庭で眼鏡を掛けてまで3D映像を観る気になるかという事もありますが・・・・



もう一つのテーマが電子ペーパー。電子ペーパーの解説はこちらを参照。

家庭での利用想定は電子書籍のリーダ。米国ではAmazonのキンドル(Kindle)が話題になっています。

本ブログでも、以下の記事で取上げました


今回はブリヂストンが、電子ペーパー「QR-LPD」というものを展示していました。これは09年度「アドバンスト ディスプレー オブ ザ イヤー」優秀賞に選ばれています。

これはパネルであって最終製品ではありませんが、A3版カラーも可能で、書換えのスピードも十分。また、手書きのコメントやアンダーラインの書き込みができるというデモもやっていました。ロードマップの2009年製品化の中には「Electronic document Viewer」が、2010年以降としては「Electronic book」や「Electric paper(full-Flexible)」が挙げられていましたから、(価格、事業性という面は別として)技術的にはもう少しという所でしょうか。



さて、展示会への目的とは離れますが、SONYのブースでは3Dモニターとは別に、
  • 21インチELテレビ(参考出品)
  • 4倍速ブラビア(通常、2倍速との映像比較。動きのある対象に書いてある文字が読めたりする・・・・)
  • 人感センサー(80度の角度内に人が居なければ、一定時間後にモニター表示が消える。音声はそのまま)
の展示もしていました。



 
posted by 鎌倉太郎 at 00:29
"Display 2009(国際フラットパネルディスプレイ展)に行ってきました"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。