2009年04月04日

エジプト旅行(25):時間と対比による想いでの写真


エジプトの観光史跡巡りには素晴しいものがありましたが、その合間に自然がもたらしてくれる時間に依るいい瞬間もあります。


以前に投稿したアブ・シンベル神殿での朝日は、古代エジプトへの想いを持ちながら、厳粛な気持ちになる瞬間でした。

エジプト旅行(8):アブ・シンベル神殿の「音と光のショー」と朝日に当たる神殿【2009年03月03日】




太陽が昇る、夕日が沈むというタイミングは、色々な景色も見せてくれます。

朝のカイロタワー




夕方のカイロタワー




夜のカイロタワー






アレクサンドリア・エル・サラムレク・ホテルの朝






ナイル川・ナーセル湖の水、ダム・灌漑水路が実現する緑、そして砂漠という3つの対比も、感慨深いものがあります。

アブ・シンベルでのホテルにて(ナーセル湖の対岸は直ぐに砂漠)その1その2










緑の先の三大ピラミッド





 
posted by 鎌倉太郎 at 23:06
"エジプト旅行(25):時間と対比による想いでの写真"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。