2013年09月08日

スイス西部・パリ旅行(1) - スイスのホテルに到着


突然です(前回のカナダ旅行でも同じ書き出しでした・・・)が、現在スイスに来ています。スイス西部でエグル(Aigle)という街の近くの山岳部にあるトルゴン(Torgon)というリゾートエリアのホテルです。ここに7泊して天気の良い日を選んでマッターホルン(Matterhorn)を見るのが訪問の最大(いい訳じみた・・・)目的です。2010年6月に訪問した時は曇りで見る事ができません(こちらを参照)でしたので、そのリベンジという訳です。勿論それ以外にも訪れたい場所は多数あり、順次に投稿していきます。

更にパリに5泊して市外近郊を観光する予定にしています。



さて、今回はパリで乗継してスイスの宿泊地に着くまでの話です。現在はスイス滞在2日目になり、現地時間で9月8日13:20になります。

成田空港6日夜に出発しシャルル・ド・ゴール空港(Charles de Gaulle International Airport)まで12時間(!!)の飛行でした。飛行自体は揺れが殆どなく滑るように安定していました。シャルル・ド・ゴール空港に着いたのが現地時間7日am3時頃、乗り継ぎなので直接に別のターミナルビルにいけるかと思っていたら、空港サービスを(夜間なので)一部縮小していて、一旦フランスの入国印をもらって域内用のターミナルへ移動しました。案内掲示も通常のままでサービス変更の案内は無く、同乗していた乗り継ぎ客も困惑していました・・・


パリでもジュネーブ(Geneva)でも入出国検査も無く、飛行も順調で、ジュネーブでレンタカーを借り出す(チェックアウト)所からホテル近くまでも、カーナビのお陰で順調に到着しました。

しかし、写真で見たリゾートホテルの写真と同じ建物が何棟も並んでいる上、ホテル名の表示が小さくて見過ごしたりしてスーバーの店員に聞いたりして漸くチェックインが完了。

少し落ち着いてから部屋でWiFi無線LANの接続確認をしたのですが、接続すべきアクセスポイントを確認できず・・・
ホテルのスタッフに確認する前に、もしかして・・・と思ってロビーで試みたら無事に接続確認ができた次第です。


7日に到着した時は雲が出てはいましたが、こちらのように良い天気でした。


現在の天気は雨が降ったり靄が出たりと不安定で(こちら)、テレビの天気予報による雨雲の動きも一日中良くないようです。




明日は天気も回復するようなので、第一回目のマッターホルン・リベンジをしてみるつもりです。


 
ラベル:スイス リベンジ
posted by 鎌倉太郎 at 20:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

スイス旅行2010 - 【番外編】氷河急行に乗り込んだアンデルマット駅からのパノラマ写真


今年のスイス旅行で、氷河急行に乗り込んだアンデルマットでの写真はここで掲載していますが、別のブログ「写真を絵画に」の為に写真を整理している中で、アンデルマット駅からのパノラマ写真化できる写真の組合せのある事が分りました。

実際にパノラマ化したのがこちら






パノラマ写真の右にはアンデルマット駅に向かっている列車が見えます。この列車は写真の中央上部のトンネルを出て、急勾配の線路を降ってきました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 12:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

Zoom.itから見る「ゴルナーグラート展望台での氷河パノラマ」(拡大・精細版)


ブログ「写真を絵画に」では、マイクロソフトのZoom.it(こちらを参照)を使って(2010年8月24日以降)精細な画像を見られるようにしています。今回「ゴルナーグラート展望台での氷河パノラマ」で初めてパノラマ画像にZoom.itを使ってみました(こちらを参照)。


本ブログのここで類似のパノラマを掲載していますが、画像サイズは2,948×768でした。


そこで「ゴルナーグラート展望台での氷河パノラマ」(拡大・精細版)として、画像サイズを8,539x2,070(9.2 MB)にし、Zoom.itから見られるようにしました。

ゴルナーグラート展望台での氷河パノラマ






 
ラベル:Zoom.it スイス
posted by 鎌倉太郎 at 19:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

スイス旅行2010 - イタリアの湖水地方を通ってミラノ経由帰国


「ベルニナ急行(Bernina Express)」の旅で、雪を頂いた峰々や氷河などのスイスの景色を見る旅も終了。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



ティラノ(Tirano)では昼食をしただけですが、ティラノ駅周辺の風景を掲載しておきます。

ティラノ駅へ向かう通り





ティラノ駅広場から見た町並み





ティラノ駅構内(イタリア国鉄) - 遠景はスイスの方向






ティラノを出発後、ミラノに向かう途中で休憩としてイタリア湖水地方のコモ湖に寄りました。

コモ湖畔(湖畔から山の上に向かう線は、山の上の別荘に向かうモノレール。しかし今では車を使う事が多いそうです)





コモ湖畔の広場






当時はサッカーの2010 FIFAワールドカップ(2010 FIFA World Cup South Africa)が南アフリカ共和国で開催中で、ミラノ国際空港でもテレビ観戦する人が多く見受けられました。





さて、今回のスイス旅行の総括として、前半の有名な山々の山頂付近の様子が見られなかったのは残念ですが、(天気の事でどうしようもない事であり)後半の雪を頂いたアルプスの峰々だけでも十分にスイスに行った価値があったと思っています。機会があれば再度スイスに行ってみたいものです。


 
ラベル:スイス Switzerland
posted by 鎌倉太郎 at 22:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

スイス旅行2010 - ベルニナ急行での景観(4)


最後の行程である「ベルニナ急行(Bernina Express)」の旅も、ベルニナ線の名物「オープンループ橋」に一番近い駅ブルジオ(Brusio)駅に到着する所までをこちらに投稿しています。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



今回のツアーで乗った列車の路線詳細をGoogle Mapsでなぞってみると、このようになります。

ベルニナ線の路線マップ(Google Maps)



より大きな地図で ベルニナ急行 を表示



ブルジオ駅では「オープンループ橋」を見学する人なのでしょうか、下車する人達もいました(こちら)。我々のツアーは添乗員の洒落た計らいで乗車しながら見ると共に、列車がループ橋を渡る所も見る事ができました。それは後で・・・・





まず、ブルジオ駅を出発して「オープンループ橋」を渡る所の映像をYouTubeに登録しました。

ブルジオ駅を出発してベルニナ急行で「オープンループ橋」を渡る





そして終点ティラノ(Tirano)駅に到着、サンモリッツからは約2時間35分でした。この時点でイタリアに入国した事になります。
ここからがツアースケジュールに入っていないサプライズ。実はサンモリッツを出発する時間は、同行のツアーBチームと1列車早い時間に乗っていました。添乗員がバス運転手の協力で「オープンループ橋」を別途外側から見られるアレンジをしてくれていました。
ティラノ駅からバスで「オープンループ橋」の方に急ぎ戻りました(スイスに再入国!)。つまり次の列車(ツアーのBチームが乗車)がループ橋に来る前に到着していて、その列車がループ橋を渡るのを見ようという企画・・・・

この映像もYouTubeに登録しました。

ベルニナ線の名物「オープンループ橋」を外から撮る





ループ橋を外から見る事で実質的にスイス旅行はここで終了。勿論列車を見送った後はイタリアに再入国・・・・後はミラノ空港から帰国するだけですが、最終は次回。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

スイス旅行2010 - ベルニナ急行での景観(3)


最後の行程である「ベルニナ急行(Bernina Express)」も、ベルニナ峠を越えてパリュ氷河の遠望できるアルプ・グリュム(Alp Grüm)駅に到着する所までをこちらに投稿しています。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



今回のツアーで乗った列車の路線詳細をGoogle Mapsでなぞってみると、このようになります。

ベルニナ線の路線マップ(Google Maps)



より大きな地図で ベルニナ急行 を表示



アルプ・グリュム駅からは急な傾斜地を急カーブで左右に曲がって下っていきます(こちら。右上の建物はチョッと前に出発したアルプ・グリュム駅)。


http://jkoozw.bay.livefilestore.com/y1puL3lPv87PzlgBoj8jAH3NchSg6hR-a2sAkcru_m3fbUEHwQSkAjPfaNzhL91APWoGy7NHGdMsgBBJyz_CWTJaMx1iBtkZZ-f/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%8A%E6%80%A5%E8%A1%8CSANY0331.jpg?psid=1

via kwout




そして再びパリュ氷河を車窓から見られます(こちら)。





森林地帯に入ると我々の列車と逆方向に登ってきた(サンモリッツ行きの)列車とすれ違いをする光景に出会ったり(こちら)、急に森林が拓けた所にカヴァーリア(Cavaglia)駅の可愛い駅舎(こちら)を見たりする事ができました。









更に森林地帯を走りながら左右に急カーブで曲がって傾斜地を下がっていきました。写真では実感が湧きませんが、アルプ・グリュム駅付近の路線をGoogle Mapsで詳細を見るとこのようになります。



より大きな地図で ベルニナ急行 を表示



傾斜地の走行が終わるポスキアーヴォ(Poschiavo)駅前後から谷間の平らな地点の走行に変わります。道路と並行して走ったり(こちら)、バスと直ぐ近くですれ違ったり(こちら)、町並みを市電のように自動車と平行したり(こちら)している内に、ポスキアーヴォ湖畔を走るようになります(こちら)。


















ポスキアーヴォ湖畔を過ぎると再び急勾配を下るようになり、車輪の擦れる金属音をさせながら下って(こちらの動画)ブルジオ(Brusio)駅につきます。

ベルニナ急行で「オープンループ橋」に一番近い駅ブルジオ駅に到着





ブルジオ駅はベルニナ線の名物「オープンループ橋」に一番近い駅です。しかし、「オープンループ橋」は次回に・・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

スイス旅行2010 - ベルニナ急行での景観(2)


最後の行程である「ベルニナ急行(Bernina Express)」も、サンモリッツからディアヴォレッツァ展望台への登り口ベルニナ・ディアヴォレッツァ駅まではこちらに投稿しています。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



今回のツアーで乗った列車の路線詳細をGoogle Mapsでなぞってみると、このようになります。

ベルニナ線の路線マップ(Google Maps)



より大きな地図で ベルニナ急行 を表示



列車がベルニナ・ディアヴォレッツァ駅を出発して、雪を頂く峰々と真っ赤な列車が荒涼とした高地を走る所の写真を撮っている(こちらこちらこちら)と、オスピッツォ・ベルニナ(Ospizio Bernina)駅(こちら)に着きました。


















オスピッツォ・ベルニナ駅は標高:2253mで、ベルニナ線で最も標高の高い駅との事。ラーゴ・ビアンコ(Lago Bianco)湖畔にあります。ラーゴ・ビアンコ湖には氷河などからの水が流れ込んでいます。ベルニナ線はラーゴ・ビアンコ湖畔に沿って左右にカーブを描いて進みます(こちらこちらこちら)。













せき止めている堤防がこちら






この堤防を超えた辺りから急傾斜で下っていきます(こちらを参照)。





車窓からパリュ氷河(こちら)が見えるとやがてアルプ・グリュム(Alp Grüm)駅(こちら)に到着します。










アルプ・グリュム駅は、標高:2091mの断崖絶壁の上にあります。パリュ氷河やこれから先にあるポスキアーヴォ(Poschiavo)湖などが遠望できるのだそうですが、列車から降りる訳にもいかず残念。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

スイス旅行2010 - ベルニナ急行での景観(1)


いよいよ最後の行程である「ベルニナ急行(Bernina Express)」への乗車。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



今回のツアーの列車はレーティッシュ鉄道が運行しているベルニナ線(サンモリッツ - ティラノ)で運行されいて、「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」として世界遺産登録されている区間を通る事になります。路線の詳細をGoogle Mapsでなぞってみると、このようになります。

ベルニナ線の路線マップ(Google Maps)



より大きな地図で ベルニナ急行 を表示



さて、ティラノ行きベルニナ急行がサンモリッツ駅を朝7時45分に発車すると、暫くこちらこちらこちらのような林間風景が続きました。














35分ほど過ぎた頃から視界も開けてきて(というか、森林限界に徐々に近づいて・・・)、ディアヴォレッツァ展望台に行く時(こちらの投稿記事を参照)バスの車窓で見た景色が見えてきます(こちらこちら)。










そしてベルニナ・ディアヴォレッツァ駅(こちら)に到着。ロープウェイでディアヴォレッツァ展望台に登る人達が降りていきました(こちら)が、如何に日本人(?、東洋系?)が多いか分かります。










ベルニナ急行での写真は窓ガラスへの写り込みがありません。これは窓の上部がオープンにできるようになっている為で、直接気持ちのよい高原の風に当たりながらの撮影で久しぶりにエキサイトしました。氷河急行のパノラマ車両とは違う楽しみをもたらしてくれました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

スイス旅行2010 - サンモリッツの落ち着いたリゾート地の景色


ここここでベルニナ・アルプスをディアヴォレッツァ展望台ともう一つのコルヴァッチ展望台から眺望しました。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示



今回はサンモリッツ(Sankt Moritz、標高:1822m)の街の中について。

まず、午後08時50分のサンモリッツ駅の様子です。遠景の山頂付近(3000mクラスの山)は未だ陽が当たっています。





更に、ホテルの部屋から一定方向の景色を時間を追って撮影した写真を見てください。見える湖はサンモリッツ湖です。

午後09時30分


http://jkoozw.bay.livefilestore.com/y1plzFGT5QcH9SnSXCQipq13lVkD0Z-6PMIVoBpkKLhxDKnIqbkAn3gJrYz6ry1qWxPjnCSeoLhvhOGl5zVxtnmNjHGNovPSaUS/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84SANY0007.jpg?psid=1

via kwout



午後10時01分




午前06時28分




午前06時37分





街の中はこんなこんなに落ち着いた様子になっています。








サンモリッツ駅近くの湖畔から,サンモリッツ湖及び対岸(の山)を撮った写真のパノラマがこちら





こんな素晴らしい峰々と風景を見せてくれたスイスも、今回のツアーでは翌日(6月25日、ツアー7日目)に乗るベルニナ鉄道が最後になります。それについては次回に。


 
ラベル:スイス Switzerland
posted by 鎌倉太郎 at 03:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

「氷河急行」の脱線事故は、スピードを上げるタイミングの運転ミスと報道


ここでスイス・「氷河急行」の脱線事故について投稿していますが、先ほど入った報道によると「30日記者会見した政府当局者によると、事故車両の速度記録計を解析した結果、最終車両がカーブを曲がりきる前に時速56キロまで加速しており、その結果後方の車両が脱線」との事です。別の報道でも、「事故列車の運転士が加速を急ぎ過ぎた」と指摘とか、「ここで加速してはいけない。最後の車両が通過するまで加速してはいけなかったのです」という調査チームの発言があるそうです。


先の投稿でも「最後尾の車両は完全に横転、その前は真横に、更にその前は45度傾斜といった状況のようです。変な推測はしないようにする必要がありますが、車両の連結数(列車の長さ)とカーブから直線になる所でのスピードを上げるタイミングに原因がありそう」という指摘をしましたが、やはりという結論になりそうです。

運転ミス自体の原因追求は別途必要でしょうが、何にしても(中間報告ではありますが)直接的な原因が分かってよかったと思います。


 
ラベル:Switzerland スイス
posted by 鎌倉太郎 at 01:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする