2013年09月28日

スイス西部・パリ旅行(13) - シヨン城


スイス第2日目は朝から小雨模様で、リゾートホテルのあるトルゴン(Torgon)地域には霧がかかっていました。今回のスイス再訪の最大の(若干いい訳じみた・・・)目的はマッターホルン(Matterhorn、4478m)を見るというリベンジにありますが、個人旅行の最大のメリットであるスケジュール調整して街の見学に切り替え(尤も日毎のスケジュールを厳密に決めていた訳ではありませんが・・・)。

霧が薄れて下界(?)が見えてきたので、レマン湖(Lake Geneva、[仏]Lac Léman)の湖畔にあるモントルー(Montreux)近くのシヨン城(Château de Chillon)に行ってきました。バイロン(Lord Byron)の叙事詩「シヨンの囚人(The Prisoner of Chillon)」で、この城に幽閉された宗教改革者フランソワーズ・ボニヴァール(François Bonivard)の事がうたわれています。
 
シヨン城までのルートはこちらのGoogle地図を参照。


近くに無料の駐車場があり、城内観光に必要な時間程度は駐車しておけます。



さて、城外からの写真はこちらに掲載しました。全体が分かる模型が展示されていて陸側から見た所がこちら、レマン湖側から見た所がこちら



配置図はこちら(シヨン城の公式HPから借用して追記)。



木製の橋を渡って城内に入ります。チケットを購入する際に出身国を尋ねられますが、その言語対応の解説パンフレットをもらえます(日本語版がある)。


シヨン城はヨーロッパの北と南の通行(レマン湖沿いの通路)を監視する戦略上の拠点になっていたので、12世紀以降何代にも亘って建造と改築を繰り返しています。

模型を見ると分かる通り、陸側の城壁面は攻撃に備えた造りになっています。自然を利用した濠、半円の3つの防御塔や特に高い四角状の天守閣があり、城壁面には矢や鉄砲を発射する為の小窓(日本の城でいう狭間[はざま])があります。陸側壁面の内側はこちらの様に小窓に対応して2段になっています(左が城壁、右部分は城内)。


天守閣(高さ:約25m)の最上階から360度のパノラマを一望できますが、モントルーの街方向の景色はこちら




レマン湖側の部屋は主に生活空間でした。

城主の食堂(1)(20世紀初頭に修復)


城主の食堂(2)(20世紀初頭に修復)


ベルン様式(17世紀初頭)の寝室(今の西洋人の体格からすると、ベットが小さい・・・)


紋章の間(中世は謁見の間)


礼拝堂(聖ジョルジュ礼拝堂)


大広間(中世に接見・レセプション・パーティーで使用。今はコンサート会場?)


ワインの地下貯蔵室(レマン湖側の生活空間の部屋群の地下部分)


シヨン城は現在ヴォー州(Canton de Vaud)の所有になっていますが、所有する広大なブドウ畑で収穫されたブドウ(シャスラー種)からワインを醸造して収益金とし、保存・修復作業の費用に充てているとの事。

ボニヴァールが幽閉されていた牢獄(レマン湖側 生活空間の部屋群の地下部分。元々は食糧庫・兵器庫、1290年頃から牢獄。拘束器具が生々しい・・・)




尚、シヨン城内のGoogle地図・ストリート・ビューはこちらから観る事ができます(城内の通路・中庭のみ)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 11:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

スイス西部・パリ旅行(12) - 観光のベースとなったリゾートホテルの地域


今回から先ずスイスでの旅行について投稿します。

スイスではジュネーブ空港に着いた後、レンタカーでエグル(Aigle)から山腹にあるトルゴン(Torgon)地域にあるリゾートホテルに向かいました。トルゴンの場所と移動ルートはこちらのGoogle地図(作成ツールが新しくなった!)の通りです。


有料区間がありますが、レンタカーには年間利用証("Vignette")が貼られていました。フリーウェイへのゲートの様なものはありませんでしたが、スイス以外の国でカーレンタルすると国境検問所で購入を要求されるとの事。



Google地図のトルゴン地域をズームインして見ると分かる通り、山腹までヘアピンカーブが続きます。平坦地から山腹を見た所がこちら(赤線で囲った所が対象地域)。


ホテルからの景色はこちらこちらでも掲載しました。

毎日30分ぐらいを往復でヘヤピンカーブ運転していると大分慣れましたが、地元の車はもっと短時間で上り下りしているようです。尤も、フリーウェイで他車(現地人だけかは不明・・・)のドライブを見ていると、追い越し車線でも車間距離を余りとっていない傾向があり、走行車線を110㎞(最高制限120㎞)で走っていて(日本のドライブ教本の通り)100mほどの車間距離をとっていてると、多くが20mほど先にウィンカー点灯無しで入ってくるのにも驚きました(カナディアン・ロッキーでのフリーウェイ体験で他車が感心する程先の方に進路変更するのとは対照的)。



兎に角ここをベースにスイスでの観光をスタートしました。

トルゴン地域自体は放牧だけのようですが、冬季のスキーと夏場の避暑・トレッキングが可能なリゾートホテル地域です。数棟のホテル風建物の多くに部屋の個人所有者がいるようで、ジュネーブからも近いのでリゾートマンションになっているようです。

滞在開始時は9月上旬で暑い盛りですが、近くにある整備された草原にはこちらの様に日本の春を思わせる(都会では見られない・・・)原風景がありました。


最低限の日用品調達はリゾートホテル地域にある店でできますが、やはり40分ぐらいで行けるエグルの街中スーパーで調達する必要がありました。住民や長期滞在者は買い出しに出かけるのでしょうが、私の場合は観光地に向かった帰りにスーパーに寄って調達する事を心掛けました。


 
ラベル:スイス リベンジ
posted by 鎌倉太郎 at 12:48| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

スイス西部・パリ旅行(11) - ポータブル・カーナビ再考


スイスでは観光用の鉄道が非常に良く整備されていますが、冬のスキーと夏場のトレッキング向けで山腹などにあるリゾートホテルから、他の観光地に毎日の様に出かけるにはレンタカーを使わざるを得ません。
リゾート地域には近くの鉄道駅から定期バスがでていますが、あくまでも長期滞在の顧客向けですから、本来の利用方法と想定が異なる訳です。

こちらで書いているように、スイス旅行でドライブするのに必須であるとして、日本語音声によるポータブル・カーナビをカナダに持参して体験したという背景です。

その体験もあって今回は割りとドライブに関しては順調であったと思います。ただ3点だけ発生した課題を挙げておきます。



最初はレンタカー営業所から発進する時。車のエンジンを掛けようとした時、始動キーが無い・・・?!スタッフからキーを渡された時に気付くべきでした。
(自家用車は高級車ではなので・・・?)最初からエンジンが掛からないというのも恥ずかしいので、操作説明書を探したらフランス語版とドイツ語版のみ(他に自動車メーカー国の言語版があった。日本製ではない・・・)。せめて英語版を置いて欲しかった。

結局スタッフに聞いて、ブレーキペダルを踏みながらボタンを押下するとエンジン始動。



2つ目はナビゲータの地図情報の話し。持参したポータブル・カーナビでは地図データをヨーロッパ版に入れ替えて利用しましたが、地図データは随時開通・閉鎖している道路状況を反映できていないという事。SDメモリーは購入して1年経っていない(データは1年前の更新日付)のですが、誤った方向に誘導されたのが1回だけありました。道を間違えたのでUターンという理由で、回り道として農場敷地内へ誘導されました。近道を使っている(?)と思っていると農道に入ったので、流石にマズイという事で元来た道を戻り、想定している道路番号がカーナビで表示する道路番号と一致するので、道は間違っていないと判断して直進する事で解決できました。

その地点は最近新フリーウエイが開通した末端部分の出入り口に当たり、道路ルートが変わったばかりのようでした。帰りは道路標識を見ながら新ルートを使いました・・・



3点目はGPS衛星の電波受信に関する事。スイスのアルプス山脈に近い地域のフリーウエイは、高い峰々が両側にある谷間に作られています。谷の幅がある場合は良いのですが、観光地に近づくと一般的に狭くなります。そんな時には必要な数のGPS電波を捉えられず、「ルートの再探索中」状態になりました。カーナビ・メーカーのカタログでは高性能のGPS受信機能を持っている事になっていますが、やはり限界はあるようです。都会のビル障害と同じ問題です。



前回カナダにおける課題であった吸盤マウントがダッシュボードから外れてしまう問題で、綺麗な解決回答はありませんでした。原始的な解決策としてガムテープで吸盤マウントを固定する事にし、接着剤がダッシュボードに残らないよう毎日付け替えると共に拭き取りを心掛ける事にしました。しかし想定以上に使った為にガムテープが無くなり、現地のお店にあった幅広のセロハンテープを利用した所、接着剤がダッシュボードにほとんど残らない事が分かりました。


 
ラベル:スイス リベンジ
posted by 鎌倉太郎 at 21:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

スイス西部・パリ旅行(8) - [概略]Glacier 3000


現地時間13日は天気が最高に良かったので、Col du Pillonにある「Glacier 3000」に行ってきました(こちら)。ディアブルレ山(Diablerets、3210m)を源流とする氷河を見る事ができました。


レマン湖の近辺地域にありアクセスがし易い為か、訪問者も多いと感じました。ケーブルで展望台(2971m)まで行くとこちらのように広い雪原になっていました。スキー・リフト設備もあり冬季であればスキー場になるのでしょうが、パンフレットによるとそこが「Tsanfleuron Glacier」となっていました。


遠くの峰々も良く見えていました。



氷河を横切るように雪上車による道筋が作られていたので、展望台とは反対側にあるQuille du Diable(2908m)まで往復2時間の散策。雪を踏みしめて雪原を進む感覚は、日本で容易には体験でき無い事もあり、素晴らしい景色や美味しい空気とともに非常に新鮮な気持ちでした。

散策ルートからディアブルレ山を見た所がこちら


氷河の下流側を見た所がこちら




この日がスイスにおける実質的な最終日。現地時間14日にはパリに移動します。パリのホテルには(有料のインターネット環境はありますが)無料でインターネットが使える様になっていないようなので、恐らく次の投稿は帰国後になると思います・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

スイス西部・パリ旅行(7) - ホテルから見た日の出


現時時間13日です。今朝のホテルから見る峰々の稜線が非常に良く見えていました(こちら)。これまでで初めてです。



日の出を待ち構えていて撮ったのがこちら


遠くの峰にも朝日があたりこちらのように素晴らしい景色を見る事ができました。



 
ラベル:スイス リベンジ
posted by 鎌倉太郎 at 15:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

スイス西部・パリ旅行(6) - [概略]グリュイエール城とチョコレート工場


現地時間12日はグリュイエール(Gruyères)を訪問、お城(Gruyères Castle)と近くのブロ(Broc)にあるカイエ・ネスレ(Cailler-Nestle)社のチョコレート工場を見学しました。



グリュイエール城は19代にわたってグリュイエール伯爵家が所有した由緒がある古城で、小高い丘に建っています。城門の前には街並みもあり(こちら)、落ち着いた雰囲気でした。



城としてはこじんまりしていますが、幾つかの室内装飾も修復されて当時の優雅さを示していて(「騎士の間」がこちら)、庭園も良く整備されています(こちら)。





チョコレート工場は個人でも気軽に見学できるようになっています(入口がこちら)。



見学ルートではチョコレート誕生の歴史が物語風にモデル展示・解説され、製造工程の一部も見られます。最後は試食コーナーがありました(こちらこちら)。




 
posted by 鎌倉太郎 at 04:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

スイス西部・パリ旅行(5) - [概略]アレッチ氷河は見られませんでした


現地時間11日はユングフラウを源としヨーロッパ最大最長といわれるアレッチ氷河(Aletsch Glacier)を見る事を目的にフィーシュ(Fiesch)に行きました。こんな景色が見られると期待したのですが、残念ながら氷河全体を見渡せるエッギスホルン(Eggishorn、2934m)展望台(2869m)では雪が降り霧がかかって全く見えませんでした(展望台から山頂へ向かうルートを写した所がこちら)。フィーシュの天気予報では明るい内は陽も射す曇りだったのですが・・・




ケーブルカーの中間地点であるフィッシャーアルプ(Fiescheralp、2212m)で散策した所、ユングフラウ(Jungfrau、4158m)やアレッチ氷河の反対側に、モンテ・ローザ(Monte Rosa、4634m)らしき峰を見る事ができました(こちら)。


その右にマッターホルン(Matterhorn、4478m)らしき峰も見えました。こちらのように左がモンテ・ローザ?、右の尖った3峰の最左端がマッターホルン?で、右がヴァイスホルン(Weisshorn、4506m)?と思われますが、一部雲に隠れて不確かです。




フィッシャーアルプから下は問題無かった(こちら)ので残念です。但し、これでスイスを再訪してリベンジするという(いい訳じみた)目的もできました・・・(苦笑い)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 04:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

スイス西部・パリ旅行(4) - [概略]ローザンヌ


現地時間10日22:00です。今日は体調を整える意味で遠出をせずに、ローザンヌ(Lausanne)に行ってきました。2020年夏季オリンピックの開催が東京に決まったので、ローザンヌにあるオリンピック博物館(Olympic Museum)で何か動きがあるかと思ったのですが、残念ながら全面的な改修中でした(11月末に工事完了の予定のようです)。



建物内には入れませんでしたが、記念公園となっている庭(こちら)でチョッと休憩み。


(背景に見えるのはレマン湖)



その後地下鉄で山側に向かい、サンメール城(州庁舎、Château Saint-Maire)やノートルダム大聖堂(Cathedral of Notre Dame)なども見学しました(こちらこちら)。



偶々行われていたミサで演奏していたパイプオルガンの音が良かった。


 
posted by 鎌倉太郎 at 05:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

スイス西部・パリ旅行(3) - [概略]マッターホルンを見てきました


現地時間9日21:20です。今日は良い天気に恵まれて、最大の(若干いい訳じみた・・・)目的であったマッターホルン(Matterhorn、4478m)を見てきました。こちらに書いている通り、前回訪問時に見られなかったリベンジを達成できました。



ホテルを出発したのはam6:00、こちらでは未だ暗い時間です。マッターホルンを見られるツェルマット(Zermatt)の天気予報が「快晴」であるにも関わらず、ホテルを出発する時点では霧に包まれていました。しかもツェルマットに到着しても、街の上空は曇り。それでも雲の上では綺麗に見る事ができるのは、前回訪問時の苦い経験から分かっているので、駅前の観光案内所で聞いたら「Clear !」とのご神託・・・それまでの落ち込み気味の気分が希望充満状態になりました。



前回は登山電車で「ゴルナーグラート(Gornergrat)」の展望台から見ようとしたのですが、今回はヨーロッパ最高地点の展望台という「マッターホルン・グレーシャー・パラダイス(Matterhorn glacier paradise)」という展望台へゴンドラリフトで行きました。

ケーブルカーを3回乗り継いで展望台に向かうのですが、2回目にケーブルが着いた地点(Trockener Steg、2939m)でマッターホルンを撮ったのがこちら


展望台(3883m)で撮ったのがこちら(右から2番目の、最も高く見える山)。


マッターホルンが、見る方向によって、単独峰として見る場合と連峰の1つになっている場合では、印象が変わると分かりました。



朝方は街からマッターホルンを見られませんでしたが、帰りがけには街も晴れわたっていて撮ったのがこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 04:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

スイス西部・パリ旅行(2) - [概略]シヨン城観光


現地時間の8日午後はレマン湖畔にある、バイロンの叙事詩で有名なシヨン城(Château de Chillon)に行ってきました(こちらこちら)。




お城の観光中に雨が降っていましたが、約2時間掛けてゆっくりと見る事ができました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする