2018年12月30日

萩・津和野・宮島の旅(3) 広島平和記念公園


第2日の最初は「広島平和記念公園」でした(こちらを参照)。




対岸に「原爆ドーム」(こちら)が見える所で観光バスを降り、公園の反対側にある「広島平和記念資料館」まで歩きました。




途中の歩きに沿って、「平和の鐘」(こちら)や「原爆供養塔」(こちら)、「原爆の子の像」(こちら)などの説明が添乗ガイドからありました。









原爆死没者慰霊碑」(こちら)からは「平和の灯」や「原爆ドーム」などの施設が直線に並び、背後の「広島平和記念資料館(本館)」もその線上にあります。



更に資料館(本館)の1階部分は吹き抜けになっていて、「祈りの泉」と呼ばれる大きな噴水(こちら。右が本館)も含めて一線上で見られるようになっているそうです。全体設計した丹下健三氏の広く見せたいという考えとの事。残念ながら本館は2019年3月まで改修工事があり、その様子を見る事はできませんでした。




現時点で見学できる「広島平和記念資料館(東館)」(こちら。左が工事中の本館)の1階には僅かですが無料の展示コーナーがあり(こちら)、核爆発の凄惨な写真・遺品を展示していました。ここだけでもインパクトがありました。






無料展示コーナーには先般のオバマ元大統領が寄贈した折り鶴もありました(こちら)。




改めてこれらの見学を通して思うのは、早く完全核廃棄をすべきですが、今の政治情勢からすると、徐々に全廃に持っていく事は困難で、全世界で無条件・完全監視の下、同時一括で核廃棄作業を行うと共に、継続的に全世界を強制監視するといった、"超"理想的な手段で実施しない限り非常に困難だろうという事です。自ら弱小国と思っている(独裁的?)政治指導者の経済的利益・政治体制への欲求・恐怖心とも絡むので、非常に複雑に絡んだ糸をほぐすようなものでしょう。実質使わせないという手段に切替えたとしても困難な事に代わりません。

少し感情が高ぶっているようで・・・・



posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

萩・津和野・宮島の旅(2) 安芸の宮島


第1日の2つ目の観光は広島県厳島の通称「安芸の宮島」でした(こちら)




我々のグループツアーでは本州側の宮島口からフェリーに乗船し、10分で渡る事ができました。ここには2系統の会社があり、運航数は各々4便/時間程度で非常に多い。別に広島方面からの高速船もあります。フェリー利用者は廿日市市の統計で年間450万人を超えています。


宮島口からのフェリーでは海上から厳島神社とその鳥居を見る事ができるメリットがあります(こちら)。




船着き場から海岸沿いの道路を「厳島神社」に向かいました。厳島神社の様子は多くの映像がありますが、こちらの映像を見て頂くとして、参拝ルート(こちら)に沿って(土産物屋の)ガイド嬢が案内してくれました。






ガイド嬢が言うには、こちらの角度からの鳥居の景色が最も良いとの事。




一対の獅子(狛犬)像ですが、一般にはこちらの本殿に向かって左が雌、右が雄。ガイド嬢から「角を出して怒っているのが雌、ニヤニヤして笑ってごまかそうとしているのが雄」と覚えれば良いとの事・・・




こちらが「反橋(そりばし)」です。天皇からの勅使だけが使ったのですが、こちらのままの滑り易い状態で渡った訳ではなく、利用時には階段を取り付けたそうです。






こちらは能舞台で、4月には「桃花祭御神能」として喜多流/観世流の能と大蔵流の狂言が奉納されます。




参拝ルートの出口には「大願寺」があり、境内に根元から9本の幹に分岐したクロマツ「九本松」を見る事ができます。




第1日の宿泊ホテルは広島市街にあり、チェックインの前に街中で「お好み焼き」を頂きました。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

萩・津和野・宮島の旅(1) 錦帯橋【改訂】


今回の旅の最初は、山口県岩国市にある「錦帯橋」でした(こちらこちら)。日本三名橋や日本三大奇橋に挙げられています。






普段は清流とも称される「錦川」ですが、台風・大雨になれば(2018年台風時の)こちらのように暴れ川になります。


通常は川床の一部は広い駐車場になっていますが、梅雨時は利用できなくなり観光客も少なくなるそうです。



河岸と同じぐらいの高さまで橋脚となる強固な石組みがあり、流れに対して先端が鋭角になっています(こちら)。


橋脚の周りも石畳の様にシッカリ固められています。

「錦帯橋」の構造・構築については、平成の架け替え工事を基にした動画がありますので、こちらこちらを参照してください。



さて、橋のたもとの近くに、「槍倒し松」と名付けられた樹があります(こちら)。


一見階段上を覆う枝ぶりの良い松だけのように見えます。

九州の大名が参勤交代で江戸と行き来をする時、ある程度大きな城下の街道を通る際に敬意を表して槍先を下げていたのですが、岩国が小大名であった事から槍先を立てたまま通過していたそうです。そこで街道の上を覆うように松の枝を伸ばし、槍先を下げさせたという謂れを伝える松です。

尚、松とは別に護岸には桜が植えられており、桜の開花時期は非常に賑わうとの事です。



もう一つは品数が多様なソフトクリームです。橋の城下町側にある「むさし屋」さんが特に有名なのだそうですが、残念ながら定期休業日(こちら)。直ぐ近くにある「佐々木屋 小次郎商店」さん(こちら)で食べましたが、それでも選ぶのに散々迷いました(こちら)。








「錦帯橋」の写真で遠景の山頂に見える天守は「岩国城」です。元の城は江戸時代初期に廃城となっており、昭和期のコンクリート造りによる復興天守です。



【改訂】 2018年12月28日 20:20 追加



posted by 鎌倉太郎 at 19:08| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

萩・津和野・宮島の旅 帰宅しました


最終の第三日目は良い天気に恵まれました。そして観光地はカルスト台地の秋吉台にある秋芳洞と瑠璃光寺にある国宝・五重塔でした。



秋芳洞は、鍾乳洞としては日本最大規模との事で、大きな地下空間を作っていました(こちら)。


色々な名前を付けられた鍾乳洞で良く見られる景色がありました。


一般的な入口(こちら)ではなく、逆に出口とされる側から入りました。この方向だと殆ど下りの傾向があり、約1㎞ですが無理なく観光ができました。




最後となった瑠璃光寺にある国宝・五重塔(こちら)は、日本の三大五重塔に挙げられているそうです。




posted by 鎌倉太郎 at 22:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

萩・津和野・宮島の旅 萩のホテルにて


前日は晴天だったのにホテルを朝出発直前に小雨が降り始めました。持ってこなかった雨傘を購入した効果があったのか・・・最初の目的地には止んで、時間が経つに従って回復してきて助かりました。

今日は広島から島根県・津和野を経て山口県・萩へのルートでしたから、時間的には割とタイトなスケジュールでした。



広島では平和記念公園(こちら)と「てつのくじら館」(こちら)・「大和ミュージアム」(こちら)を訪問。







津和野は静かな城下町(こちら)でした。




萩は下級武士が活躍した町並みを見学しました(こちらは高杉晋作生家)。




明日は秋吉台・秋芳洞へ行く予定です。



posted by 鎌倉太郎 at 21:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

萩・津和野・宮島の旅 広島のホテルにて


現在、広島市街のホテルにいます。今日は岩国にある「錦帯橋」と安芸の宮島でした。

まずは機中で撮った富士山の写真がこちら




こちらはご存じ「錦帯橋」。




こちらも良く知られた「宮島(厳島神社)」です。




何れも、以前に来ているのですが、その時の記憶が確かではありません・・・何しろインターネットやテレビなどで良く見ている映像なので、それらとの区別ができなくなっています。

明日は広島平和記念公園と呉港、山口県に戻って津和野と萩の城下町を観に行きます。



posted by 鎌倉太郎 at 20:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

萩・津和野・宮島の旅 機内より

今飛行中です。

先ほど富士山上空を通過しました。先日の鹿児島空港へ向かうときは南側を見ましたが、今回は少し北側を通りました。

カメラで写真に撮りましたが、タブレットから投稿しようとしているので、画像取り込みのインターフェースを持っていません。別途にします。

機内の無料wifiから投稿できるようになり、非常に便利でレスポンスも良好です。

posted by 鎌倉太郎 at 09:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

萩・津和野・宮島などの旅 - 羽田にて


現在羽田空港にいます。山口宇部空港に向かいます。

目的は萩・津和野・宮島などを巡る旅行会社のグループツアーの旅です。

台風被害に遭った中国地方への国支援策を活用した企画です。2泊3日が楽しい時間になる事を期待しています。

posted by 鎌倉太郎 at 07:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

屋久島旅行(11) ガジュマル公園


観光3日目の2番目は「志戸子ガジュマル公園」でした。これまでと逆に宮之浦港を越えて北に回ります。「ガジュマル」は九州の屋久島と種子島などの南西諸島などが自然の北限といわれます。

観光マップ移動ルートを再掲します。






ガジュマルなど公園内で見る事ができる幾つかの様態を掲載します。こちらこちら(タブ・アコウ・ガジュマル合体木)、こちらこちらこちら












これは「リンゴツバキ」の花。



こちらのサイトによると、こちらが果実です。


手入れがされていないリンゴと言ったら良いのでしょうか。大きいものは10㎝ほどになるとか、ヤブツバキが南方の温かさで果実が大きくなっているのだといいます。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

屋久島旅行(10) 白谷雲水峡(3)


観光3日目、標高:600m~860mの地域に広がる「白谷雲水峡」投稿の続きです。

「白谷雲水峡」の散策で1時間コースの折り返し点に着いた所から、プラスαとして「二代大杉」も見に行きました。今回は折り返し地点から川沿いに入口に戻りました(こちらを参照。こちらのサイトから借用)。





川沿いでは原生林以外の多様な景色を見せてくれました。

清流での紅葉:こちら



崖を流れる滝:こちらこちら






二代杉:こちら




こんな様態も。




「展望台」というバス停があり、帰路で止まってみましたました(運行バス用だとは思いますが・・・停車スペースも取られている)。そこからの景色がこちら



そこからは登ってきた急坂も見えます(こちらの矢印)。




posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする