2021年09月02日

星出彰彦宇宙飛行士とESA宇宙飛行士が9月12日に船外活動を行う予定


こちらのNASAブログによるとJAXAの星出彰彦宇宙飛行士とESA宇宙飛行士が9月12日(現地時間)に船外活動を行う予定が公表されました。船外活動では太陽電池アレイの設置に関わる準備作業を行います。




posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

星出彰彦宇宙飛行士らの船外活動が延期に


こちらでJAXAの星出彰彦宇宙飛行士とNASA宇宙飛行士が国際宇宙ステーションの船外活動の準備で宇宙服のチェックをしている写真の記事を投稿しましたが、こちらの記事によると一緒に作業するNASA宇宙飛行士の"a minor medical issue(軽微な医学的問題)"により延期されました。


8月23日(現地時間)にはSpaceX社の無人宇宙補給機が打上げられたり、ロシアの船外活動の予定があるので、再スケジューリングは別途検討になりました。



所で、NASAのホームページでは星出彰彦宇宙飛行士を8月23日の"NASA Image of the Day"として紹介していました(こちら)。

posted by 鎌倉太郎 at 21:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

ツイッター・アカウントInternational Space Station (@Space_Station)さん投稿の"JAXAの星出彰彦宇宙飛行士とNASA宇宙飛行士が宇宙服をチェック"


ツイッター・アカウントInternational Space Station (@Space_Station)さんが投稿した"JAXAの星出彰彦宇宙飛行士(右側)とNASA宇宙飛行士が、宇宙服のチェックをしている"写真です(こちら)。



星出彰彦宇宙飛行士ら2人は、太陽電池アレイ設置の第3回目の作業(6時間50分を想定)でISS船外に出る為に準備をしています。



posted by 鎌倉太郎 at 02:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年05月24日

国際宇宙ステーションに滞在中のJAXA星出彰彦宇宙飛行士が作業や実験を行っている所の写真


国際宇宙ステーション(International Space Station)に滞在中のJAXA星出彰彦宇宙飛行士が、マイナス80度実験用フリーザーにサンプルを収納する作業(こちら)や時間知覚実験を行っている所(こちら)の写真を、NASAのページに掲載しています。



ラベル:星出彰彦
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

珍しい瞬間の映像(48) - JAXAの野口聡一宇宙飛行士などが搭乗するクルードラゴン「Resilience」が大気圏に再突入した様子


こちらは、JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン(Crew Dragon)「Resilience」が、地球帰還(着水、Splashdown)に向けて大気圏に再突入した様子(中央下。こちらを参照)を国際宇宙ステーション(International Space Station)から撮った写真です。

posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

「SpaceX Crew-1」ミッションのクルードラゴン「Resilience」が、国際宇宙ステーションを正常にドッキング解除・離脱


NASAなどのライブ映像によると、JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン(Crew Dragon)「Resilience」が、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)を正常にドッキング解除・離脱しました。ポイントの写真を記録として掲載しておきます。



引き継ぐ「SpaceX Crew-2」ミッションのJAXA星出彰彦宇宙飛行士が、野口聡一宇宙飛行士の宇宙服装着を支援・挨拶(こちら)

Resilienceドッキング解除_001_s.jpg


宇宙飛行士が「Resilience」に搭乗(こちら)

Resilienceドッキング解除_002_s.jpg



「Resilience」がISSからドッキング解除(こちら)

Resilienceドッキング解除_003_s.jpg


「Resilience」が結合モジュール「ハーモニー(Harmony、Node 2)」の地球と反対側を向く「Node 2 Zenith」に移動されていた事もあって(こちらを参照)、こちらの離脱ルートになりました。

Resilienceドッキング解除_004_s.jpg


「Resilience」が大分ISSから離れました(こちら)。

Resilienceドッキング解除_005_s.jpg



NASAのこちらの記事によると、「Resilience」の地球帰還(着水、Splashdown)は現地時間(EDT)5月2日 02:57(日本時間 5月02日 15:57)頃メキシコ湾のフロリダ沖です。

posted by 鎌倉太郎 at 12:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

「SpaceX Crew-1」ミッションの宇宙船「Resilience」は、地球帰還に向けて日本時間 5月02日 9:35にISSドッキング解除へ変更【改訂】


NASAのこちらの記事によると、JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗する「Resilience」は、地球帰還に向けて現地時間(EDT) 4月30日 20:35(日本時間 5月01日 9:35) 気象条件の見直しにより 5月1日 20:35(日本時間 5月02日 9:35)に国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)ドッキング解除へ変更しています。

posted by 鎌倉太郎 at 05:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

野口聡一宇宙飛行士が解説する、宇宙空間での宇宙服


JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗する「Resilience」は、地球帰還に向けて現地時間(EDT) 4月30日 17:55(日本時間 5月01日 06:55)に国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からドッキング解除をする予定です。



野口聡一宇宙飛行士は半年間ISSに滞在中多くの活動をしてきましたが、宇宙空間での活動内容や生活方法などを人々に知ってもらう情報活動も役割の一つになっています。今回は宇宙服についてYouTube番組から抽出掲載します。宇宙船内用(こちら)、ISS内(こちら)、船外活動(こちらこちら)で詳しく説明しています。










次の「SpaceX Crew-2」ミッションを行うJAXAの星出彰彦宇宙飛行士が既にクルードラゴン(Crew Dragon)「Endeavour」でISSに到着・搭乗しています。日本流に「タスキをつなぐ」引継ぎ儀式をしています(こちら)。




posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

星出彰彦宇宙飛行士が搭乗したクルードラゴン「Endeavour」打上げの地上映像


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


JAXAの星出彰彦宇宙飛行士が搭乗したクルードラゴン(Crew Dragon)「Endeavour」の打上げ(こちらを参照):




posted by 鎌倉太郎 at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする

野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」の宇宙飛行士が日本時間5月2日に帰還へ


NASAのこちらの記事によると、JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗する「Resilience」は、現地時間(EDT) 5月1日 11:36(日本時間 5月02日 00:36)にフロリダ沖メキシコ湾に着水・帰還する目標を設定しました。国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からのドッキング解除は現地時間(EDT) 4月30日 17:55(日本時間 5月01日 06:55)を予定しています。


ISSで活動中の野口聡一宇宙飛行士の写真がこちらこちら






posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする