2008年03月08日

フロリダ・オーランド旅行(2)-オーランドでの現地情報収集


旅行に出た時には何時でもする事ですが、まずは現地の情報収集。

そこでホテルから観光センター(Orlando Official Visitor Information Center)へ行きました。ガイドブックに紹介されている交通手段をチェックして実際に利用するのは、現地の市内観光をするようなもので、「こういう所に高級住宅地がある」とか「オーランドにコンベンションセンターがあるが、調べてみると全米有数のコンベンションセンターだった」事が判ったりするのです。
旅行ガイドに書いていないものもありますし、書いてあっても興味の対象外であったものを再認識するといったものまであります。
OrlandTuar_VisitorCenter_logo.gif


「オーランド5泊で、ディズニー・ワールドを効率的に走破」という場合は、事前チェックしてツアーとかタクシーで決めたスケジュールで回るのが良いのですが、私は特にそのような目的志向的ではなく新しい発見があればいいという訳です。
勿論、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World Resort)やケネディ宇宙センター(John F. Kennedy Space Center)に行こうという事は決めていますが、それ以外にどのようなものがあるかは、目的地への飛行機の中でガイドをチェックして頭の中に入れておきます。何しろ飛行機には半日以上も乗っているのですから・・・・・


観光センターでは、見たい場所までの移動手段や見たい場所でのパレード時間なども書かれたより詳しいカタログなどを収集します。今回はホテルから観光センターまで乗ってきたバスを、更に先まで足を延ばすとユニバーサル・スタディオの「CityWalk」(無料)に行ける事が判りましたので、ついでに見てきました。
また、観光地のホテルなので入場チケットは入手できるのですが、観光センターで購入したりもします。今回はディスカウントチケットを併設の業者(実際は逆に観光局が間借り?)が取り扱っていました。ディズニー・ワールドは安くなっていませんでした(寧ろ高い!)が、ユニバーサル・スタディオの入場券は安く手に入りました(金額よりも、見つける事の楽しみ・・・・)。



さて、滞在中のオーランドでの交通手段は、全て「I-RIDE」バスと「Lynx」バス。現地にルートの案内地図があっても、インターネットで帰国してからそのバス会社のWebページを見ても、よく判らない書き方になっています。ホテルの近くにあるバス停に実際に行って見て、初めて記述の仕方(癖?)が判るので、以降はその記述の仕方を考慮してルート地図のバス停位置を確認するといった面白みもあります。

「I-RIDE」バス



「Lynx」バス




ホテルからディズニー・ワールドやユニバーサル・スタディオ(Universal Studios Orlando)に行くのも、アウトレット(Orland Premium OutletsとPrime Outlets)へもバスを利用。
1回乗車で「I-RIDE」は1$、「Lynx」は1.75$。1日パスは3$と4$。タクシーよりズ~ットお得。

オーランドが観光地のお陰で、バス停はホテルの前とか近くにあります。泊まったホテルがラッキーだったのか、近くのバス停から1乗車で全ての目的地までいけました。
特に、「I-RIDE」のバス停表示は番号付けられていて、目的地のバス停番号を確認しておけば、降りるバス停までの数や名前を必死にチェックせずに済み安心していられます。尤も運転手に降りたい場所を伝えておく方が確実ですが・・・・
但し、「I-RIDE」のルート表示は、一部カタログ(チラシ)によっては間違っていますので、最新のものをチェックしておく必要があります。2008年3月8日時点での2ヶ所のWebで、G13~G16を見てください。pdfの内容が合っていました。

Webサムネイル:



Downloadできるpdfファイル:
OrlandTuar_I-RideRoute.bmp



結局、タクシーを使ったのは、空港とホテルの往復と、ユニバーサル・スタディオで夜遊びが過ぎて(20:00ぐらいでしたが・・・)使っただけでした。
現地は自動車(自家用車かレンタカー)がないと不便ではありますが、観光する人もお年よりは乗合いバスを使う事も多く(お年よりは安くなる)、明るい限りは初めてのルートでも治安の不安はありませんでした。

米国でバスに乗ると、車椅子の人への配慮には何時も感心します。車体全体を乗降時に下げたり、車椅子専用の乗降口があったり。観光地ばかり見ているからでしょうか・・・・


posted by 鎌倉太郎 at 15:20| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記-フロリダ | 更新情報をチェックする

フロリダ・オーランド旅行(1)-オーランドへ


前にも少し書きましたが、2月28日から3月7日までの1週間ほど休暇を使って、米国・フロリダのオーランド(Orlando)に行ってきました。オーランドと言えば、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World Resort)、ユニバーサル・スタディオ(Universal Studios Orlando)とケネディ宇宙センター(John F. Kennedy Space Center)。あと、行かなかったのですが、シーワールド・オーランド(SeaWorld orlando)があります。

実はインターネットを使える事を前提に、PCなどを持参して投稿する事を予定していたのですが、何時も使っている同じホテル系列で部屋タイプの異なる予約をしたところ、これまで当たり前に使えていたインターネットが利用できなかったのです。その為に投稿が1週間も止まってしまいました。(投稿する時間が取れなかった事もあって、その分で十分な休養が取れましたが・・・・)


さて、言い訳はこれまでとして、これから暫くは旅行記。


成田空港から米国・シカゴ(Chicago)・オヘア(O'Hare)国際空港経由でオーランド国際空港に入りました。シカゴまでが11時間、乗り継ぎ 4時間待ちで、更に2時間掛けてオーランドに到着。東回りですから28日昼過ぎに成田を経っても、同じ日の19時にはオーランド着という、長~い1日でした。
因みに、帰りはオーランドからシカゴが2.5時間、乗り継ぎ時間として2時間、シカゴから成田が12.5時間でした。


フロリダ・オーランドですが、さすがに暖かいです。日中の気温が華氏70度(約21℃)~華氏80度(約27℃)ですから、東京の10℃~17℃に比べて違いが判ってもらえると思います。
夜は上着が必要になりますが、日中は陽が射していれば半袖で十分。


幸い、1日を除いて晴天ないし曇り。その1日はケネディ宇宙センターへのツアーであった為、前線が通過する時に帰りの車の中で雨に会った程度で、ディズニー・ワールドやユニバーサル・スタディオ巡りをしている日は、風もあまり強くなくとても好い天気でした。

同じ1週間の中で、Weather Newsは、ニューヨーク(New York、北緯40度)での大雪の映像を頻繁に伝えていました。ほぼ同じ緯度にあるシカゴ(北緯41度)も雪で空港に影響があって、帰路の乗り継ぎに影響があるかと思いましたが、全く影響がありませんでした。(シカゴの気象傾向を調べたら、冷え込んでも雪はあまり降らないとの事)

日本も北海道と九州・沖縄で気象の違いが大きいですが、米国の東西の広さだけでなく南北の大きさも、改めて実感した想いでした。


オーランドについてはここを参照


これから何回かに分けて、ウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・スタディオやケネディ宇宙センターの様子を、動画などを含めて伝えられたらと思います。


posted by 鎌倉太郎 at 05:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-フロリダ | 更新情報をチェックする