2014年03月27日

Googleドライブの「アドオン」サービスから、住所ポイントを一括してGoogle地図上に登録する「Mapping Sheets」を使ってみる


Googleドライブの「文書」と「スプレッドシート」に機能を拡張する「アドオン」サービスを公開したので、こちらの投稿で、サービス内容と1つのアドオンである「Maps for Docs」を使ってみました。こちらではネットワーク図・フローチャート図といった各種ダイアグラムを作成できる「Gliffy diagrams」を使ってみました。何れも「文書」に対する「アドオン」でした。今回は「スプレッドシート」に対する「アドオン」で、スプレッドシート上の住所ポイントを一括してGoogle地図上に登録する「Mapping Sheets」です。



まず、こちらの様に「アドオン」の一覧から「Mapping Sheets」を選択・インストールします。




こちらの都道府県の県庁所在地を一覧にしたスプレッドシートを使います。




メニュー「アドオン」→「Mapping Sheets」→「Start Mapping」を選択すると、右側にメニューフレームを表示します(こちらを参照)。



そこの「CREATE」アイコンをクリックすると、「Data」というシートを作りますので、「シート1」にあるデータをコピーした所がこちら



右下の「BUILD」をクリックして(準備処理が行われ)、更に「View」をクリックするとこちらの様にGoogle地図に県庁所在地をプロットします。



「東京都」で検索すると、こちらの様に都庁の場所を示します。



Categoryをチェックで選択して特定地方だけを表示する事ができます(こちらを参照)。


アレ・・・鹿児島県と山口県にピンが立っていない・・・兵庫県や滋賀県がない?盛岡県と秋田県にピンが立っている! そこで「Show List」をクリックすると、こちらの様に山口県も兵庫県・滋賀県も抽出されている・・・(こちらを参照)。リストの見えない部分に鹿児島県もある(盛岡県と秋田県は無い)。




上記のデータでは距離的に遠いポイントばかり(10㎞以上)ですが、DEMOデータなどのように一覧のポイントが近い距離に多数ある場合は、こちらの様に特定の地点を中心に一定距離(1㎞、5㎞、10㎞)にあるポイントを抽出できます(こちらを参照)。





まだ若干のバグはあるようですが、一覧からGoogle地図表示を簡単にしてくれるのは使い勝手も良く便利に使えそうです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

Googleスプレッドシートの新版がここ何週間で自動的に全ユーザへ適用に


Google+における「Google Drive」アカウントの投稿によると、ここ何週間かの内にGoogleスプレッドシートの新版を自動的に全ユーザへ適用します。



新版は先駆けてプレビュー版を公開していて、こちらで紹介している通りChrome限定ですがオフライン編集を可能とし、こちらで(主要なブラウザで可能な)「アドオン」機能を追加しています。

前回は使ってみませんでしたが、フィルタビュー(Filter views)の新機能や「セルの結合とテキストの折り返し」、「関数の編集ツール」、「条件付き書式設定」などの新機能も追加しています。



今回は特にフィルタビューを使ってみました。こちらのような日本全国の都道府県別温泉データを使います。


関東地方の都県に限定してみます。まず、フィルタビューで使いたいフィールドをマークし、メニュー「データ」→「フィルタ表示」→「新しいフィルタ表示を作成」をクリックします(こちらを参照)。


結果はこちらの様になります。



フィルタ指定のウィンドウで(全てのチェックを外した後)限定したい都県のチェックをして表示したのがこちら


右側の歯車アイコンのメニューからフィルタ名の変更や削除などが可能で、右側の×マークでフィルタを解除して全体表示にできます。



登録済みのフィルタはこちらの様に表示しますので、その選択でフィルタの再利用ができます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 00:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

Googleドライブの「アドオン」サービスから各種ダイアグラムを作成できる「Gliffy diagrams」を使ってみる


こちらの投稿で、Googleドライブの「文書」と「スプレッドシート」に機能を拡張する「アドオン」サービスを公開したので、サービス内容と1つのアドオンである「Maps for Docs」を使ってみました。今回はネットワーク図・フローチャート図といった各種ダイアグラムを作成できる「Gliffy diagrams」を使ってみます。



まず、「アドオン」から「Gliffy diagrams」を選択し、インストールが完了したら「アドオン」→「Gliffy diagrams」→「Open sidebar」をクリックすると、こちらの様に右側にこれまでに作成したダイアグラム(diagram)などをサムネイル表示します。


既存のダイアグラムを利用する場合には、文書の挿入する位置をクリックで指定した後、サムネイルにマウスを置くと表示する「Insert」をクリックすれば挿入ができます(こちらを参照)。




既存のダイアグラムを編集する時は上述操作で「Edit」をクリックしますが、新規作成の場合は「Create diagram」アイコンをクリックします。新規作成の場合はこちらの様に「Gliffy diagrams」のページになり、作成ダイアグラムの種類を選択します。




今回はネットワーク図(Network diagram)を選択しています。

左フレームから必要なアイテムをドラッグ&ドロップでエリアに配置していきます。更に上部メニューにある接続アイコンをクリックしてドラッグ&ドロップで機器間の有線接続を示します(こちらを参照)。


右上にある「Save」アイコンでファイル名を指定して保存をします(こちらを参照)。




「Gliffy diagrams」のページは更に編集できる状態になっていますがそのままにしておいて(或はページを終了して)、Googleドライブのページに戻ると右フレーム内に直前に作成・編集したダイアグラムのサムネイルを表示しています。それを上述のように文書内に配置します(こちらを参照)。




本記事は「Gliffy diagrams」の操作を使ってみるのが趣旨ではないので、ここまでの操作で停めておきますが、更に幾つかの「アドオン」を使ってみた後に、別途「Gliffy diagrams」の機能を使ってみたいと思います。


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

Googleドライブの「文書」と「スプレッドシート」に機能を拡張する「アドオン」を追加


Google Drive公式ブログによると、Googleドライブの「文書」と「スプレッドシート」に機能を拡張する「アドオン」を追加しました。但し、「新しいGoogleスプレッドシート」にアップデートしておく必要があります(こちらを参照)。



早速Googleドライブで「文書」を作成で立ち上げると、こちらの様に「アドオン」のメニューが増えています。


「アドオンの取得」を選択すると、こちらの様に一覧を表示します。


プルダウンメニューの分類やアドオンの概要記述を見ると、翻訳・目次作成などの「文書」自体への機能拡張の他、印刷などの周辺機能への拡張、コミュニケーション機能との連携まで幅広い事が判ります。今後も「アドオン・ストア」として増えていくそうです。



拡張サービスの部分だけを単独でとってみても使ってない機能もあるので、興味のある幾つかを使ってみようと思いますが、今回は「Maps for Docs」をインストールして使ってみます。


上掲の一覧で「Maps for Docs」を選択すると、アプリのアクセス許可を求められ(こちらを参照)、「承認する」とインストールが始まります。



実際にGoogle地図を挿入するには、住所を「文書」内に入力してマークした状態で、こちらの様に「アドオン」→「Maps for Docs」→「Get location」を選択します。


「Paste to Doc」で「文書」に挿入します。この地図には縮小したりテキストの配置指定もでき、「テキストを折り返す」指定の時は(こちらを参照)、こちらの様にテキストを配置できます。




アドオンを一度インストールすると、そのアドオンは全ての「文書」・「スプレッドシート」で適用でき、「文書」と「スプレッドシート」の何れでも使える「Workflows」のようなアドオンもあります。

尚、インストールした「アドオン」はこちらの様に「アドオン」→「アドオンを管理」で削除する事ができます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 19:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

Googleドライブ上の新しいスプレッドシートを公開、オフラインでの利用も可能に


グーグル社公式ブログ(日本語訳はこちら)によると、Googleドライブ上の新しいスプレッドシートを公開し、機能の改善や高速化をすると共に、インターネットに接続していないオフラインでの利用も可能になりました。

早速オフラインでの利用をしてみました。オフライン機能の利用はChromeに限定され、事前の設定が必要です。事前設定は、オフラインの有効化と新しいバージョンを使う宣言です。



オフラインの有効化はこちらの日本語版ヘルプの通りで、2段階に分けて行います。

Googleドライブの左メニューにある「展開」をクリックし、その中にある「オフライン」を選択する(ステータスの初期化で時間が掛かる時がある・・・ブラウザの「更新」で状態が分かる時がある)とこちらの様に最初に「アプリケーションをインストール」できる様になります。


ここでWebからアクセスする時の注意:日本語版ヘルプでは「アプリを取得」という青いボタンとなっていますが、画像で分かる通り「アプリケーションをインストール」のボタンです。またChromeウェブストアでは「Chrome に追加」ボタンはなく「+無料」ボタンをクリックします。


第2のステップとして、これまで「オフラインを有効にする」と薄く表示されていたボタンをクリックします(Chromeウェブストアから戻る時の操作で、上掲のページに戻らない場合は再度「オフライン」を選択する様にします)。



新しいバージョンを使う宣言はGoogleドライブの右上の歯車アイコンのプルダウンメニュー(こちら)で、「設定」→「編集」タブから「新しいGoogleスプレッドシートを試してみる」にチェックします(こちら)。




これは未だ現行バージョンの機能を完全に包含していない(こちらを参照)為にプレビュー版の位置付けです。



準備ができた所で早速、インターネットに接続している状態で新しいシートを作りました。シートの右下には「新しいGoogleスプレッドシート」の文字がでます。

次にインターネットに接続されていない状態で新しいシートを起動するとローカル用のGoogleドライブモジュールがロードされ、シートの内容を表示できました。しかし、データの更新(追加、編集)をすると「ファイルが使用できません」のエラーになります(状況の分析はできていません)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

Google Driveでファイル内容のプレビューが拡大可能に


Google Drive公式ブログによると、Google Driveでフォルダレベルでのファイル内容プレビューで拡大して見る事ができるようになりました。



通常のフォルダレベルでのファイル内容プレビューでは、こちらのようにサムネイルによる概略のイメージしか掴めません。


そこで全選択のアイコンをクリックすると目マークのプレビューアイコンが追加表示されます(こちらを参照)。


プレビューアイコンをクリックすると、こちらのように拡大して表示されます。



プレビューしたい文書のサムネイルに右クリックしてメニューからプレビューする事もできます(こちらを参照)。


文書が複数ページの場合にはマウスのホイールでページの移動、左右の<や>マークでプレビューする文書の移動もできます。必要によってプレビューの拡大・縮小などができ、文書を開くなどの操作もできます。

特定の文書だけ(複数)選択してプレビューする事もできますので、効率的に対応する文書を見つける事ができます。



この機能をサポートするファイルは以下の通りです(全ての形式を確認した訳ではありません・・・)。
  • Google Docs
  • Google Sheets
  • Google Slides
  • Google Forms
  • Google Drawings
  • Image files (.JPEG, .PNG, .GIF, .TIFF, .BMP)
  • Raw Image formats
  • Video files (WebM, .MPEG4, .3GPP, .MOV, .AVI, .MPEGPS, .WMV, .FLV, .ogg)
  • Microsoft Word (.DOC and .DOCX)
  • Microsoft Excel (.XLS and .XLSX)
  • Microsoft PowerPoint (.PPT and .PPTX)
  • Adobe Portable Document Format (.PDF)
  • Tagged Image File Format (.TIFF)
  • Scalable Vector Graphics (.SVG)
  • PostScript (.EPS, .PS)
  • TrueType (.TTF)
  • XML Paper Specification (.XPS)



尚、こちらのように「すべて表示」アイコンで下部にサムネイルを表示し、そのクリックで直接に対応文書のプレビューができます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

Google Drive上Webホスティング機能が可能に、使ってみる(2) - JavaScript、jQuery【改訂】


【注意】本Webホスティングサービスは、2016年8月31日をもって停止になります。こちらを参照。


前回は1つのhtmlファイルのアプリでしたが、今回はJavaScriptで記述したり、複数のファイルを使ったり、jQueryというライブラリーを使ったアプリを動かしてみます。



まず1つのhtmlファイルのアプリですが、JavaScriptという言語で記述した動的な動きをするアプリ(清野克行著「PHPによるWebアプリケーション入門」から借用)です。このアプリへはこちらからアクセスします。


数量に入力して「計算」をクリックすると合計と総合計が計算されます。例えばこちら




次にjQueryというライブラリーを使ったアプリ(山田祥寛著[jQuery入門教室」より借用&改訂。画像は「足成」より借用)です。こちらからアクセスします。


上部のサムネイル画像をクリックすると、下部に対応する拡大画像が表示されます。



cssファイルを別のフォルダに格納・参照し、画像ファイルも別フォルダに格納、更にJaveScriptの記述を別ファイルとすると共に、jQueryライブラリモジュールもGoogle Driveにアップロードしています。

jQuery ライブラリーについてはCDN(contents delivery network)を参照できるとよいのですが、セキュリティの確保の為か、外部からJavaScriptロジックをGoogle Drive自体がロードして持ち込む事を避けているようです。jQueryライブラリモジュールは軽量なのでアップロードして参照すれば動作するようになります。



【改訂】 2015年09月13日 21:00 サービス停止の案内追記


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

Google Drive上Webホスティング機能が可能に、使ってみる(1)【改訂】


【注意】本Webホスティングサービスは、2016年8月31日をもって停止になります。こちらを参照。



Google DriveチームからGoogle+への投稿によると、Google Drive上のHTML・JavaScript・CSSによってWebホスティング機能が使えるようになりました。



実際に使ってみました。まず、新規にフォルダを作り、こちらのようにして共有設定で「ウェブ上で一般公開」に指定します。


アップロード後にファイルを開き、プレビュー表示してそのURLが公開用のURLになります(こちらを参照)。




今回はhtmlファイルが1つのみで実現できているアプリをアップロードしました。いずれもcssの指定はしていません。

1つ目はHTML5として実装するcanvas機能を使い、棒グラフを描くアプリ(オフィス加減著「HTML5入門」から借用)を起動した所がこちら



2つ目は本ブログへの投稿記事をhtmlとして取得して編集しています。こちらのようにハイパーリンクやGoogle地図の埋め込みなどもできます。




次回からより複雑なアプリを起動してみます。



【改訂】 2015年09月13日 21:00 サービス停止の案内追記


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

Googleドライブ上の「プレゼンテーション」ファイルをオフライン状態でも作成・編集が可能に


Google Drive Blog公式ブログによると、Googleドライブ上の「プレゼンテーション」(Slides)ファイルをオフライン状態でも作成・編集できるようになりました。既に「文書」(Docs)ファイルは実現できている機能です。但しこの機能はChromeブラウザからの利用でのみ可能です。



実際に「プレゼンテーション」ファイルで使ってみました。

第一に設定が必要です。Googleドライブのトップページの左メニューで「展開」をクリックし、こちらの画面で「オフラインを有効にする」をクリックします。詳細はこちらを参照。



この設定は一度だけです。



左メニューの「オフラインドキュメント」をクリックすると、こちらのような表示になります。


オフライン(インターネット接続がされていない)状態でも、「プレゼンテーション」ファイルを作成したり既存ファイルを開く事ができます。開いたファイルは編集ができます。いずれの場合もローカル側に一時保存していて、インターネットに再接続できるとクラウドとの同期が行われます。編集の途中でインターネット接続が途切れても、その時点からローカル側に一時保存を開始します。


但し、全ての編集機能を利用できません。インターネット接続ができていない状態では、画像・動画の挿入などはできません(こちらを参照)。


インターネットに接続できると利用できるようになります(こちらを参照)。



表や図形・線の挿入はインターネット接続ができていない状態でも可能です(こちらを参照)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 01:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

Googleドキュメントのスプレッドシートにおけるグラフ機能を使ってみる


Google Docs公式ブログによると、今回からマイナーな改訂は1ヶ月毎にまとめて公開するようになりました。今回公開の機能は文書におけるスタイルのカスタマイズとスプレッドシートにおけるグラフ機能などです。前回は文書におけるスタイルでした。

今回はスプレッドシートにおけるグラフ機能。前回同様にマイクロソフト社のWindows LiveにおけるExcel Webアプリとグラフ機能について比較してみました。その対応程度・方向性を知る事が目的。但し、両社のアプリケーションのクラウドに対するコンセプトが異なります。グーグル社は全てクラウドでできる事を想定(といいながらも、ローカルでの機能も準備)しますし、マイクロソフト社は既存の大きな機能を持つOfficeソフトからの連携で捉えています。ここでは単純にブラウザだけで操作できる範囲に絞った比較である事を承知おきください。



まず、Excel Webアプリの機能を確認します。こちらのように多種のグラフに対応し、タイトルやデザイン変更への対応もできます。





Googleドキュメントのグラフ機能もこちらのように多種のグラフを作る事ができます。






ここに今回スパークライン(Sparkline)というグラフ形式を追加しました。実際に、範囲を指定して「挿入」→「グラフ」→「グラフ」タグ→「トレンド」でこのような画面になり、「スパークライン」を選択します。




この際範囲の表データの形式により、「開始」タブで「行/列を切り替える」をチェックする必要があるかも知れません。



グラフに関してセル(Cell)内に埋め込む形式も提供しています。これはセルへの関数定義として実現しています。

まず、Excel Webアプリにおいてセル内で定義できる関数を確認しておくと、こちらのように豊富な関数を用意しています。





Googleドキュメントのセル内で定義できる関数もこちらのように十分です。




ただ、Excel Webアプリと違って、外部データも取り込もうとする考え方を持っています。その拡張という発想でしょうか、セル内にグラフを持ち込みます(この延長線上には色々なものをセル内に埋め込むサービスがでてくるかも知れない・・・)。



グラフを埋め込む関数は、「SPARKLINE」です。一般形式はこちら。実際に挿入して描いたのこちらです。




(左下のグラフは、通常のグラフ機能で作成)


更に幾つかのパターンで実行してみたのがこちら






尚、後半の「SPARKLINE」関数によるグラフの埋め込みについて、Firefox[10.0.2]ではグラフの表示が出ません(IE9[9.0.8112.16421]、Chrome[17.0.963.56 m]では確認)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 15:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする