2007年09月13日

宇宙船基地のデザイン・コンセプトを公開


ニューメキシコ州政府とヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)が建設を進めている「スペースポート・アメリカ(Spaceport America)」は9月4日、同宇宙船基地のデザイン・コンセプトを公開しました。

SpaceportDesignConcepts.bmp
【SpaceportDesignConcepts】

デザインは米国と英国の共同チームで、リサイクルと環境への影響に配慮しているとの事。

「スペースポート・アメリカ」の建設は2008年から始まります。完成は、2009年後半または2010年前半の計画。ターミナルと格納庫機能は、およそ3100万ドルがかかる見込み。


【広報】
http://spaceportamerica.com/press/press-9-4-2007.html

【ニュース】
http://www.space.com/businesstechnology/070904_virgingalactic_spaceport.html
posted by 鎌倉太郎 at 22:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

民間宇宙旅行の商用化計画の推進


スペースシップワン(SpaceShipOne) の弾道飛行によりAnsari X Prizeに勝利し賞金1000万ドルを獲得したスケールド・コンポジット社(Scaled Composites)と、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏が設立した宇宙旅行ビジネス会社ヴァージン・ギャラクティック (Virgin Galactic)は、現在スペースシップツー級の一番艦VSS Enterpriseを開発しています。しかも、アメリカのニューメキシコ州に「スペースポート・アメリカ」、スウェーデンの北部に「スペースポート・スウェーデン」を建設(デザイン段階)しています。


その一番艦のモデルとなるスペースシップツーのイメージ映像がYouTubeにアップされています。


Spaceship2.bmp
【Spaceship2】


posted by 鎌倉太郎 at 22:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

スペースシップワンで宇宙旅行映像

スペースシップワン(SpaceShipOne)は、民間企業による有人宇宙飛行としては世界で初めて、2004年6月21日に高度約100 km(10万メートル)を達成しました。

更に、2004年9月29日、10月4日には、民間宇宙船開発に対する賞金制度「ANSARI X PRIZE」の受賞条件を最も早く達成し、スケールド・コンポジッツ社は賞金1000万ドルを獲得しました。尚、受賞条件は、
    * 高度100 km以上に到達する
    * 乗員3名(操縦者1名と乗員2名分のバラスト)相当を打ち上げる
    * 2週間以内に同一機体を再使用し、飛行を行う


その時の映像がYouTubeに登録されています。

実際の飛行映像:
SpaceShipOneX-PrizeFlight1.bmp
【SpaceShipOneX-PrizeFlight1】

SpaceShipOneX-PrizeFlight2.bmp
【SpaceShipOneX-PrizeFlight2】

飛行のシミュレーションアニメ
SpaceShipOneTakeoffTouchdown.bmp
【SpaceShipOneTakeoffTouchdown】

SpaceShipOne.bmp
【SpaceShipOne】
posted by 鎌倉太郎 at 03:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする