2021年07月23日

ブルーオリジン社の再使用型の「ニューシェパード」ロケットが、7月20日にジェフ・ベゾスCEOらを乗せて打ち上げ・回収に成功


ブルーオリジン(Blue Origin)社のこちらのツイートによると、7月20日(日本時間21日)行われたジェフ・ベゾスCEOらを乗せた再使用型の「ニューシェパード(New Shepard)」ロケットを打ち上げ、ブースター及び乗員カプセル(New Shepard 4、NS4)の回収に成功しました。




7月20日の打ち上げの様子はこちら



2時間以上の動画ですが、打上げは右上タイマーの「T-0:00:00」、ブースターの着陸の様子は「T+ 04:15」から、乗員カプセルの降下の様子は「T+ 07:45」から見られます。到達高度は35.1万フィート(葯107㎞)になっていました。



これから宇宙空間への観光が流行る時代になると思いますが、我家にとっては何時になるのか見通しはありません・・・



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2021年07月13日

ヴァージン・ギャラクティック社の民間人向け宇宙船「スペースシップツー」が、設立者のリチャード・ブランソン氏や社員を乗せて宇宙空間へ飛行テストに成功


こちらヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社のニュースリリースによると、民間人向け宇宙船「スペースシップツー(SpaceShipTwo)」の「VSS Unity」が、設立者のリチャード・ブランソン氏や社員を乗せて宇宙空間へ飛行テストを行い、53.5 マイル(89.9km)に到達し無事滑空にて着陸しました(こちら)。



尚、ヴァージン・ギャラクティック社は、米空軍が採用している高度50マイル(約80㎞)を宇宙空間としていますが、国際的には100㎞を越えた場合を云っている事が多いので注意してください。
posted by 鎌倉太郎 at 22:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

スペースX社の「スターシップ」の第2段に対応するプロトタイプ「SN15」の高高度打上げ・軟着陸が成功


こちらのツイートによると、スペースX(SpaceX)社の民間宇宙飛行プロジェクト「スターシップ(SpaceX Starship)」の第2段に対応するプロトタイプ「SN15」の高度10㎞への打上げ・軟着陸が成功しました。YouTubeでの動画はこちら




これまではプロトタイプ「Starhopper」(こちらを参照)や1つのロケット・エンジンによる「SN6」で150m上昇・平行移動・着陸に成功していました(こちらを参照)が、3つのエンジンによる高度10㎞に到達してからの軟着陸への挑戦は、「SN8」~「SN11」で(徐々に改善されながらも)失敗していました。今回は大改修して名称も「SN15」へ飛ばして心機一転なのでしょうか。

尚、再利用の確認の為にも「SN15」の再テストを検討しているとの情報があります。
posted by 鎌倉太郎 at 01:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

ブルーオリジン社の再使用型「ニューシェパード」ロケットが打ち上げ・回収に成功


ブルーオリジン(Blue Origin)社のこちらの記事によると、2021年4月14日(現地時間)再使用型の「ニューシェパード(New Shepard)」ロケットを打ち上げ、ブースター及び乗員カプセル(New Shepard 4、NS4)の回収に成功しました。15回目の打上げ、乗員カプセルNS4は2度目になります。



こちらから10分ほどのMission NS-15の様子を示す映像があります。



埋込映像で見る場合は1時間53分辺りからです。



打上げ前にカプセル内の撮影をしていますが、こちらの様に大きい窓から広く宇宙空間が見られるようです(但し、打上げ時は無人です)。




posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

ブルーオリジン社の再使用型「ニューシェパード」ロケットが打ち上げ・回収に成功、これで14回目


ブルーオリジン(Blue Origin)社のこちらの記事によると、2021年1月14日(現地時間)再使用型の「ニューシェパード(New Shepard)」ロケットを打ち上げ、ブースター及びカプセルの回収に成功しました。今回は安全性や乗り心地に関するカプセルの改善を施しています。今回で14回目ですが、上昇中にブースターが毎秒2〜3度回転し、360度ビューができるようにする試みもしています。


こちらの約10分ほどの映像でその様子を見る事ができます。



カプセルから見える景色を映像に組み込めると良いのですが・・・



posted by 鎌倉太郎 at 20:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

SpaceX社が宇宙船「スターシップ」の開発で、前回と異なるプロトタイプ「SN6」でも150mまで上昇・着陸に成功


月軌道や火星軌道へ長期の飛行も可能とする宇宙船「スターシップ(Starship)」の開発をしている(こちらを参照)米国SpaceX社は、前回成功したプロトタイプ「SN5」とは違うプロトタイプ「SN6」(こちらを参照)でも同じ 150m まで上昇・着陸に成功しました。その映像がこちら



今回も前回同様にロケットエンジンは 1基でした。



posted by 鎌倉太郎 at 01:46| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

SpaceX社が宇宙船「スターシップ」のプロトタイプ「SN5」が150mまで上昇し着陸に成功


米国SpaceX社は地球軌道への打上げだけでなく、月軌道や火星軌道へ長期の飛行も可能とする宇宙船「スターシップ(Starship)」の開発をしています(想定アニメーションがこちら)。



実物大のプロトタイプとなる「SN5」機が、8月4日に地上から1回目の上昇テストを実施、150mまで上昇し着陸に成功しました。その映像がこちら




宇宙船の部分は、実際には地球から打上げ時の2段目となります。打上げ時の1段目はブースターを使いますが、月や火星での着陸・上昇を想定しての試験形式なのでしょう。



ZOZOの元社長・前澤友作さん(と数名のアーティスト)が2023年に最初の月周回旅行の乗客になると話題になっています。だいぶ具体的になってきました。
posted by 鎌倉太郎 at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

SPACE WALKER社の有人翼ロケット実験機の打上げ映像


SPACE WALKER社のニュースリリースによると、有人翼のロケット実験機の打上げ映像を公開しました(こちら)。


ネーミングライツ協賛により「gaaboo(ガーブー)号」と名付けられています。



SPACE WALKER社は、一般的な飛行機同様に滑走路から水平に離陸して、水平に着陸するスペースプレーンを実現し、高度100kmの宇宙空間への弾道有人飛行を目標にしています。

当初計画から遅れていますが、現状の計画(こちらを参照)は

1.2022年 サブオービタルスペースプレーン(科学実験)
   高度120㎞にペイロード100㎏(各種観測機器)を打上げ
2.2027年 サブオービタルスペースプレーン(宇宙旅行)
   パイロット2名、乗客 6名が高度 120kmを往復
posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

スペースX社は宇宙船のプロトタイプ「Starhopper」で150m上昇・着陸に成功


スペースX(SpaceX)社は宇宙船「Starship」を開発中ですが、そのプロトタイプである「Starhopper」の試験を行い、150m上昇した後ホバーリングして着陸に成功しました(こちら)。




スペースX社の惑星間輸送システム(Interplanetary Transport System)構想は、こちらのアニメーションで示しています。




途中で幾つかの失敗はあるでしょうが、月や火星への資源探査のビジネスが成り立ちそうな気がしてきました。但し、子供・孫の世代でしょうが・・・



posted by 鎌倉太郎 at 00:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

ブルーオリジン社の再使用型「ニューシェパード」ロケットが打ち上げ・回収に成功


ブルーオリジン(Blue Origin)社の公式ツイートによると、5月2日(現地時間)再使用型の「ニューシェパード(New Shepard)」ロケットを打ち上げ、ブースター及びカプセルの回収に成功しました。



これで11回の打上げ・着陸成功となり、今回使用した宇宙船では5回目の着陸成功となり、運用コスト面と安全性成果を強調していますね。



こちらの動画でその様子が分かります。この打上げのカプセル(宇宙船)にはNASAをはじめとした38個の科学実験装置を搭載していました。


高度106㎞、10分間の飛行でした。



posted by 鎌倉太郎 at 21:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする