2017年02月19日

Google地図のストリートビューなどの画像キャプチャで、世界一周の動画


旅行から帰ってきたばかりですが、次の旅先の計画を始めています。そんな時に2分30秒で世界各地への旅を誘うような動画が、Google地図のストリートビュー・ハイパーラプス(Hyperlapse)などの画像キャプチャで作成・公開しています(こちら)。


経路は次の通りです。
イタリア・ローマ(Rome)⇒ヴェローナ(Verona)⇒ヴェネツィア(Venice)
⇒フランス・パリ(Paris)
⇒英国ロンドン(London)
⇒スペイン・バルセロナ(Barcelona)
⇒ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)
⇒米国サンフランシスコ(San Francisco)⇒グランド・キャニオン(Grand Canyon)⇒ラシュモア山(Mount Rushmore)⇒ニューヨーク(New York)
⇒グリーンランド(Greenland)
⇒エベレスト(Mount Everest)
⇒京都(Kyoto)


 
posted by 鎌倉太郎 at 16:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

撮影スポットを世界地図上に展開したサイト「Photo Hotspots」


写真愛好家にとって撮影スポットが簡単に分かるサイトは魅力的でしょう。フォトコミュニティ500pxには素晴らしい作品が多数登録されています。それらをAPIドキュメントを使って世界地図上に展開したサイト「Photo Hotspots」が公開されました。



こちらにアクセスすると下部にサムネイル写真が出るだけですが、暫くすると撮影スポットが黄色く(多い所は赤色へ)なります(こちらを参照)。


サムネイルをクリックすると、500pxのサイトで本来の写真を見る事ができます。



右上のアイコン「≡」を左クリックすると、こちらの様に撮影時期に分類して表示します。




旅行好きにとっては観光地でのビューポイントを選択する参考になるかも知れません。


未だ2~3か月分のデータだけとの事ですが、毎日更新していくそうです。ただ、データが増えてもある程度のレスポンスを維持する為のシステム上の工夫が必要になるかも知れません。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ネパール領内のヒマラヤ山脈奥地に、Google 地図で黒塗りにされたエリアがある・・・!?


こちらのニュースによると、ネパール領内のヒマラヤ山脈奥地に、Google Earthで黒塗りにされたエリアがあるとの事。早速Google地図で指定の「27°47’43.40″N 86°49’6.40″E」はこちら





そういえば映画「2012年」で、地球滅亡の予言を基に中国の奥地に、「ノアの方舟」を思い起こす現代版巨大船(?)基地を極秘裏に創られていた事を思い出しました(プロモーション動画はこちら)。


案外真実だったりして・・・たぶん私は選民にはなれないでしょうが。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

ヨーロッパアルプスの最高峰モンブランのストリート・ビューが公開に


グーグル社のオフィシャル・ブログによると、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン(Mont Blanc) の高地のストリート・ビューを公開しました(こちら)。




以前にスイス旅行の中で、エギーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)展望台(標高:3842m)からモンブランを見るスケジュールが入っていましたが、実際には見る事ができませんでした(こちらこちらの投稿を参照)。

そのエギーユ・デュ・ミディからの景色が見られるのは素晴らしい(こちら)。



更にはモンブラン山頂からの景色も・・・(こちらこちら)



メール・ド・グラース氷河(Mer de Glace)も見る事ができます(こちら)。氷河は温暖化で退化しており、この映像で現時点の状況を記録する意味もあるとブログで言っています。




参考にモンブラン周辺地図を掲載しておきます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

南米ペルー・マチュ・ピチュ遺跡のストリートビューを公開


こちらのGoogle Maps公式ブログによると、南米ペルーのマチュ・ピチュ(Machu Picchu)遺跡がストリートビューで見られる様になりました。


こちらから遺跡遠景のビューポイント毎に360度パノラマで見る事ができます。2014年10月にマチュ・ピチュを観光していますが(こちらを参照。こちらこちらこちらも参照ください)、下部の他の360度パノラマを含めて、現地ガイドが全景が見られる場所として紹介している場所と帰り道です。



遺跡へはこちらからストリートビューに進む事ができます。こちらの様にかなり詳細に見る事ができます。




私たちの観光ではバスでクネクネした道を一気に登りましたが、細い道を登る(下りながら撮った?)ルートもストリートビューになっています。


ストリートビューでいきなり遺跡の中に飛び込むと訳が分からなくなりますから、こちらの観光地図を参考にジックリと観光したらどうでしょうか。



 
posted by 鎌倉太郎 at 23:51| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

ヨルダンのぺトラ遺跡のストリート・ビューが公開に


Google Maps公式ブログによると、中東・ヨルダン(Jordan)のぺトラ(Petra)遺跡を始めとして30もの遺跡を見られるストリート・ビューを公開しました。



これまでテレビのぺトラを扱う旅番組などで何度か全体を(それでも一部でしょうが・・・)見ていましたが、やはり強烈な印象として残るのが狭い道を抜けた後のこちらの宝物殿「エル・カズネ(Al-Khazneh、Treasury)」です。



ぺトラ遺跡のゲートからストリート・ビュー・ウォークするのも良いですが、こちらから簡単操作で各場所を見る事ができます。




ヨルダンにはぺトラ以外の多くの遺跡があり、こちらからストリート・ビューの一覧で見る事ができます。




posted by 鎌倉太郎 at 00:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

大英博物館の収蔵品が「Google Cultural Institute」でオンライン鑑賞できるようになった


大英博物館(the British Museum)のブログによると、既に多くの美術館の展示品がオンラインで鑑賞できる「Google Cultural Institute」の中で、Googleとの提携により大英博物館内の展示品をオンラインで観賞したり、ストリート・ビューで展示の様子を見たりできるようになりました。



収蔵品のうちデジタル化した展示品はこちらで鑑賞できます。


有名な「Rosetta Stone」もデジタル化しました。



大英博物館内のストリート・ビューはこちらから見られます。下部の展示品をクリックして対応するフロアに進む事ができますし、直接にフロア指定もできます。


因みに日本に関する展示スペースの様子は"Fifth Floor"で見られます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

ニュージーランドのトレッキングルートとなるポイントのストリート・ビューを公開


Google Maps公式ブログによると、ニュージーランド(New Zealand)のトレッキング・ルートとなるポイントのストリート・ビューを公開しました(こちら)。



山頂からの2つの湖を見下ろしたり、つり橋を渡ったり、滝を見ながら涼しい風に当たりながら小休息・・・バーチャル・トレッキングは如何ですか。


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

最も美しい図書館と云われるチェコのクレメンティヌム図書館のストリート・ビューを公開


国を代表する世界の図書館で、内部をGoogle地図のストリート・ビューで公開しているのは、米国議会図書館(Library of Congress)と日本の 国立国会図書館(National Diet Library) ぐらいですが、ここにチェコ・プラハ(Prague)にあるクレメンティヌム図書館(National Library of the Czech RepublicClementinum)が加わりました。



世界で最も美しい図書館と云われるクレメンティヌム図書館の「Baroque library hall」のストリート・ビューはこちら、天井のフレスコ画は美術館と言ってもいいですね。



閲覧室(General reading room)も見られますが(こちら)、反対の方向を見ると中世のストーブもシッカリ残しています(こちら)。




複合目的の建物(Clementinum)として、教会もストリート・ビューで見られます




参考までに、米国議会図書館のストリート・ビューがこちらこちら、 国立国会図書館のストリート・ビューがこちらです。




国立国会図書館は目的志向に「現代的」でチョッと味気ないですが、来館者は観光で建物内部を鑑賞する訳ではないから良いか・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

ストリートビューに日本の「観光列車」を追加公開


グーグル社公式ブログ(日本語版)によると、ストリートビュー「日本の列車」に「観光列車」といったテーマで追加公開しました。



こちらの様に見ると、観光列車への拘りという意味で注力しているのはJR九州だけという事になりますね。



採算性を考えると企画するのが難しいのでしょうが、ハウステンボスで旅行会社が主導する様になったら盛況になったという例もあり、鉄道会社や地域(のお付き合い?)会社に拘らず、頭を柔軟にして(観光以外のイベントを含め)企画できる会社を引き込むべきではないでしょうか(これが難しい?!・・・)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする