2011年09月13日

ハワイ島旅行(3):原始の森を思わせる散策路の先に現れる「アカカ滝」


ハワイ島(The Island of Hawaii)でサウス・コハラ・コースト(South Kohala Coast)と呼ぶ地域を拠点とした1週間でのドライブコースはこちら



より大きな地図で ハワイ島観光ドライブ(2011年) を表示


前回の投稿はヒロの周辺でした。今回はヒロから来た周りで帰る途中で寄った内の1つ「アカカ滝」です。



「アカカ滝(Akaka Falls)」はアカカ滝州立公園(Akaka Falls State Park)の一角にあります。海岸沿いの19号線から6kmほど陸側に入ります。開拓された耕地などが続いていた所に、いきなり小さな駐車場が現れました。1台$5のチケット(駐車場外に停めた場合は、1人$1。自動販売機風ですが、管理人がいます)を購入して(こちら)、階段を下りると原始の森に紛れ込んだ雰囲気になります(こちらこちらこちら)。















こちらがアカカ滝で落差129m(こちらも参照)。









駐車場からはアカカ滝を目指して巡回する散策路になっていて、行きと帰りは別のルートを通る事になります(どちらからでも通行可能)。途中でもう一つの滝(Kahūnā Falls)を見る事ができます。こちらも落差がありそうですが、遠くからしか見られません。





 
ラベル:ハワイ島
posted by 鎌倉太郎 at 13:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

ハワイ島旅行(2):ヒロへのドライブとその周辺


ハワイ島(The Island of Hawaii)に着いた翌日から早速ドライブ。サウス・コハラ・コースト(South Kohala Coast)と呼ぶ地域を拠点としてこちらのようにハワイ島の殆どの地域を実質4日間で1000kmほどドライブした事になります。



より大きな地図で ハワイ島観光ドライブ(2011年) を表示




最初の日は、行きはハワイ島の西側から東側に向けて中央を横断してヒロ(Hilo)に向かい、帰りは北回りで海岸に沿って走りました。

まずサウス・コハラ・コーストを出発し、200号線(サドル・ロード、Saddle Road)に沿ってひたすら東へ進みました。マウナ・ケア山(Mauna Kea)の横を通って、オニズカ・ビジターセンターへの入口を通り過ぎる辺りから霧と雨になり始めました。、4000m級のマウナ・ケア山とマウナ・ロア山(Mauna Loa)がハワイ島の真中を縦に走り、北東からの貿易風に因って東側の方がより悪いという気候関係をいきなり体験しました。

ハワイ島の地勢図はこのようになっていて、200号線の高い所は1000mを超えている訳ですから、雲も容易に超えられないようで、西側は雨量が非常に少ないとの事。実際に、6日目にマウナ・ケアへの拠点となるオニズカ・ビジターセンター(標高:2800m。Onizuka Center for International Astronomy)から雲海を撮ったのがこちら(左がヒロ側)。






霧と雨もヒロに近づくと晴れてきて最初の観光はこちらのレインボー滝(Rainbow Falls)。




高さは24mほどなのですが、午前中には滝の水しぶきと太陽光の関係で虹が見られるという事で寄ってみました。残念ながら虹を見る事ができませんでした。写真共有サイトFlickrをチェックしても虹の撮れている写真が容易に見つからず、こちらから借用した虹が撮れている写真の場合は滝の水量が大分多いようです。




ヒロからの多くの観光コースに入っているようで頻繁にバスが来ていましたが、見られる条件が思いの外に厳しいようです。


谷の水源側に散策路があり、このような樹(名前は不明)が生い茂っていました。






ヒロはハワイ諸島の中でホノルルに次ぐ第2の規模を持つ都市だそうです。時間の関係もあり中心地域には入らず、ファーマーズマーケットを見学しただけでした(こちら)。盛況になる曜日とは違うので人では少なく、無料の駐車場に容易に駐車できました。コンドミニアムでの自炊用に野菜を購入しました(片道100km掛けて買出し・・・・?)。






さて、北周りで海岸に沿って進む途中に「ベーカー・トムズ(Baker Tom's)」というマラサダ(Malasada)店があり(こちら)、ガイドブックによると美味しい(こちら)という事なので寄ってみました。







私には少し甘すぎ・・・・?るように思いました。


 
ラベル:ハワイ島
posted by 鎌倉太郎 at 13:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ハワイ島旅行(1):ホテルに到着まで


既に投稿(こちらこちらこちらこちら)したように8月下旬から9月上旬に掛けてハワイ島に旅行してきました。成田から出国していますが、オアフ島・ホノルル空港で乗り継いでハワイ島・ケアホレ・コナ空港(以降はコナ空港と略)に到着しました。

まず、成田空港で世界初の総2階建てジェット旅客機エアバス(Airbus)A380を見ました。




これまで日本に就航という宣伝もありましたし写真では随分見ましたが、実際に見るのは初めて。遠くからしか見られなかったので、総2階建てという感じがせず、ズングリした機体の中型機というのが印象。近くで見たら威圧感があったでしょうが・・・いずれ搭乗する機会もあるでしょう。

ホノルル行きの機内を見ていると、ハワイ行きの航空便とあって若い人が多く特に子供連れが多かったように思います。

もう一つ、ホノルル空港で米国内便に乗り換えて飛び立つ時に、窓際席でこんな写真を撮る事ができました。




鮮明に撮れているのは、窓が綺麗だった事もあるしょうが、太陽光が非常に強かったからではないかと思っています。



コナ空港で最初に出迎えてくれたのがフラダンス・・・




ホテル(実際はコンドミニアム)に着いて荷解きをした後、早速出かけた散策時に見たこちらの方が可愛くて魅力的でした・・・






部屋(のベランダ)からはマウナ・ケア山(Mauna Kea)が見られて、山頂には日本のスバルを含む天文台群が良く見えました(こちら)。





 
ラベル:ハワイ島
posted by 鎌倉太郎 at 12:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

ラッキーなマウナ・ケアのサンセット(&星空)ツアー


今はハワイ島9月3日午前1時です。前回の投稿では、マウナ・ケアのサンセット(&星空)観光は都合でキャンセルとしましたが、他の人のキャンセルがあったとかで2日の午後からマウナ・ケア山に行ってきました。


幸いにも天気は良好で、マウナ・ケア山には雲が掛からず、マウナ・ロア山始め他の山々もスッキリと晴れ上がっていました。ただヒロなどハワイ島東側には雲が掛かってました。丁度、4000mの2山を境に天候がハッキリと別れた格好です。


高度による酸素不足に慣れながらオニズカ・ビジターセンターで早い夕食をとりました。そこは既に雲の上で、更に酸素不足対策で休みながら頂上に到着。


昼間は西側が晴れていたので、海に沈む太陽を見られるかと思っていましたが、雲海に沈む夕日になりました。また、前日の夕日を海辺で見ていますが、日本の「スバル」天文台などが並んでショットに入った夕日は別の良さがありました。

夕日が沈むと研究者の為に頂上付近の照明を無くす為、少し下がった所から星座を見ました。天の川を始め首都圏では見る事のできない全天空の星空に感動。月はかなり欠けた状態でしたが、それでも星空を見るには影響のある事が分かりました(街の明かりがあると感じなかった・・・)。


既にハワイ島の今日になりますが日本に帰国します。



 

posted by 鎌倉太郎 at 20:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ハワイ島の北端・ポロル渓谷へ


今はハワイ島9月1日21時です。マウナ・ケアのサンセット(&星空)観光に申し込んでいましたが、都合でキャンセル。残念な事でした。

後の主要観光地としてポロル渓谷展望台が残っていました。ヒロから北周りの帰りに寄るのもキツイので、本日(現地:9月1日)半日掛けて(往復:約130km)出かける事にしました。


ポロル渓谷はワイピオ渓谷の近くなので同じような形成で、海岸線から奥に渓谷状になっています。こちらも展望台からの眺めでしたが、神秘な雰囲気を漂わせていました。


カメハメハ大王の生誕地という近くのカパアウの町にはカメハメハ大王像があり、ホノルルにあるカメハメハ大王像の原本になったといわれます。


これで主な観光は終わった事になります。明日は近くの浜辺に行ってみる予定で、3日にはハワイ島を離れます。


 

ラベル:ハワイ島
posted by 鎌倉太郎 at 16:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

ハワイ島の東側ヒロやキラウエア火山の見学


今はハワイ島8月31日12時です。27日に島の西側のコナ空港に到着して、28日には東側のヒロまでドライブ(往復:約300km)し、29日はカイルナ・コアの町を見学、30日はキラウエア火山(Kīlauea)に行ってきました(往復:約380km)。

流石に本日は休養日です。朝から良く晴れていて白く輝くマウナ・ケア山(Mauna Kea)の頂上天文台群をホテルから見る事ができました。
さて、ヒロの町にはカイルナ・コアから中央部の道路を使いました。マウナ・ケアとマウナロ・ロア山(Mauna Loa)の間を通るようになります。マウナ・ケアの入口付近までは晴れから曇り程度であった天気が、ヒロ側斜面の道路を降りる時は霧と雨になっていました。ヒロに到着する頃には天気も良くなっていて、虹滝・アカカ滝やファーマーズ・マーケットなども良かった。帰りは東側の海沿いを北上して(北周り)、ワイピオ渓谷展望台に寄りました。展望台からの景色を見ただけですが、雄大な景色は現地の人達同様に神秘性を感じます。
キラウエア・カルデラへは南回りで行きました。プナルウ黒砂海岸を見たかった為です。しかし、走行距離が非常に長く、途中休憩を入れて片道4時間の行程。帰りは(できたら、したくなかった)夜間走行まで体験しました。




これまでの(ハワイで見た)景色は溶岩流の形跡が残る土地が多かった(ダウンタウンやホテル近辺の、人工的な緑地帯は多い)のですが、密集した緑に覆われた地域のある事は印象的。特にアカカ滝の周辺やキラウエアの溶岩トンネル付近は太古の樹林という感じでした。

島の中心の火山から海に向かって溶岩が流れてできた島という印象で、雄大な景色でありながら、ある意味単純な形成になっていると思っていました。やはり何百万年の時間の流れというのは素晴らしい景観を作ってくれるものだと思いました。



  

posted by 鎌倉太郎 at 07:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

海外旅行でレンタカーを利用、左運転席では咄嗟の動作で注意


突然ですが、ただ今ハワイ島にいます。現地時間8月28日午前3時10分です。27日夜に成田を出国しホノルル経由でケアホレ・コナ国際空港に到着後、レンタカーの契約をしてホテルに着きました。現地時間での少し早い夕食を済ませ、旅客機で余り寝なかったので一寝入りした所です。

今回の旅行は1週間を一ヶ所に宿泊しハワイ島だけで過ごす事にしています。インターネット環境も落ち着いて利用できるので、現地での投稿ができそうです。
さて、今回は海外でのレンタカーの活用について。
日本でレンタカーを使って旅行をした事はありましたが、海外旅行では初めてです。ハワイでは日本の免許証だけで運転できるそうです。しかし、ガイドブックによる、何かトラブルにあって警官から提示要請を受けた時に、日本語の記述では理解されず「警察署にご同行を願います・・・」と言われて時間を潰す可能性があるので持参すべき、という記述に納得して国際免許証を発行してもらいました。実際に国際免許証といっても、日本での免許内容を翻訳してあるだけ(警察署で申請し2週間後に入手。有料だけあって作りはしっかりしている)です。


レンタカーは日本で予約してあったので、現地での手続きも簡単でした。といっても現地の人が日本語を話せたから・・・

海外でレンタカーを利用する際の解説通りに(解説書による確認ポイントをチェックリストのように・・・)現地での車を確認後に出発。何冊かのガイドブックで交差点で右側通行を意識する必要性を良く書いてありました。この点は2~3度体験すれば直ぐに慣れるようで、特に問題無く(殆どフリーウェーで)30分程でホテルに無事到着できました。

その後慣れる為に買出しなどで町並みを運転してみました。気づいた事は、右側通行で運転席が左にあるという事だけでなく、(解説書で事前に知っていましたが)ウインカーとワイパーも逆になっているのに日本で慣れた動作の出る事がありました。つまり、方向指示器を点灯させようとしたら、(雨も降っていないのに・・・)ワイパーを動かしてしまいました。
これは目的地の表示を見つけて直ぐ交差点を曲がる必要がある時が問題で、通常一寸前に曲がる意識を持っている時は問題ありませんでした。オートマチック車で走行中は殆どギアチェンジをしませんが、ギア位置も後進をする時に咄嗟の動作として左手が動いています。




日本での所有車をマニュアル車からオートマチック車に変えた時も左足が暫く動きましたが、身に付いた動作は環境が変わった時に問題が起きる事を改めて感じています。ガイドブックにはこの点も記述して欲しいと思いました。


 

posted by 鎌倉太郎 at 22:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ハワイ・オアフ島での情報収集


ハワイ・オアフ島から帰国しました。最後に少し初心者レポーター(?)として、少しまとめをしたいと思います。


ハワイに行く前に色々な情報を入手してスケジューリングしておく事は重要ですが、やはり現地での情報収集も欠かせません。日本人が多数観光客として訪問する事もあって、ワイキキのホテル地域では、日本語情報が溢れています。しかも無料!


小冊子(A4サイズ)としては、

07summer_cover.jpg
「アロハ・ストリート」 

25719-001.jpg
「ハワイ・アイ」      

があり、100~150ページのボリュームが全て日本語。

ロード/ストリートマップ、ショッピング街のお店配置図、観光ポイント、エンターテイメント、など。勿論、無料冊子なのでショップの紹介が目的ですが、それでもレストランなどの案内は食事をする時に便利で、クーポンも入っているので利用価値はあります。


無料のタブレット版日本語新聞(毎日発行)もあります。


これらはストリートのボックスに置かれています。例えば、カラカウア大通り。


主なホテルでは日本語のテレビ放送も見る事ができます。NGN Hotel Channelsで、NHKやフジテレビのニュース、ドラマも見られます。ただ、現地のテレビチャンネルが多いので、探すのが大変ですがその価値はあります。

やはり、PCを持っていてインターネットにアクセスするのが、情報入手の最強手段です。場合によってはコンサートの予約などもできます。
ホテルのインターネットアクセスの場合、各ホテルの利用パスワードをフロントなどで教えてもらえば良く、日本でのアクセスと全く同じ様に(日本語PCで)利用できます。


しかし、上記の小冊子の方が詳しい場合もありますから、上手く使い分けると良いですネ。


それにしても下記URLのように、日本語での情報を揃えている観光地は無いのではないでしょうか。
オアフ観光局 http://www.visit-oahu.jp/

posted by 鎌倉太郎 at 00:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

ポリネシア文化センター(PCC)での楽しい1日

ハワイ・オアフ島の北部(ウインドワードコースト側)にあるポリネシア文化センター(Polynesian cultural Center)へ行ってきました。
別項でポリネシア文化センターで行われた「カヌーページェント」を動画にして紹介しました。


ポリネシア文化センターのWebは、以下のURLを見てください。
http://japan.polynesia.com/index.html


入場には予約が必要です。日本で上記のWebから予約ができますが、現地のツアガイドで申込んでも可能です。ただ、直近の日によっては取れない場合があります。

日本語ツアーガイドが付いたり、ディナーショーやナイトショーなどを選べるパッケージがあります。一部にWebのリンクエラーがあるようなので、パッケージについては以下のURLを参照。

http://japan.polynesia.com/packages.html



ワイキキのホテルに宿泊するのであれば、オプションで送迎バスを頼む事ができます。(日本語エスコート付き。送迎可能なホテルかどうかは確認してください)
ポイント:TheBusを使えば安く行けますが、とても時間が掛かります!


原則、パッケージには日本語ツアーガイドが付きます。アトラクションなどの英語は通訳してくれるので助かります。(ガイドはこのセンターの運営母体である学校の学生アルバイトです。現地に在学する日本人学生は150名ほどいるそうです)

もし、自由に回りたいのであれば、申し出ればそのような対応をしてくれます。我々は入門する際のガイド紹介の時、パッケージ内容確認で想定と違ったので、お願いをしてガイド無しの自由行動で回りました(ディナーの場所・時間、ショーの集合時間、帰りの送迎バスの発車場所・時間などの確認は必要)。


ポリネシア文化として、7つの村に集約して夫々のイメージ、生活様式、そして歌・踊りのエンターテイメントを見せてくれます。イベントは30分毎にスケジュールされています。まず中央の池で行われる「カヌーページェント」を観ますが、ツアーガイドがいる場合はスケジュールは決まっていますが、そうでない場合は、場所移動を考えると全部は見られませんので、予め当日見たい村を決めておいた方が良いです。見たいイベントについて少人数のツアグループの総意があれば、それに応じてくれると思います。


注意! このセンターでは運営母体の方針(?)で、酒類はありません(持込む事も止めた方が良いでしょう)。

センター内での幾つかのポイントを映像にしました。





この動画はVideoStudio 11で編集しました。

posted by 鎌倉太郎 at 16:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする

ポリネシア文化センター(PCC)に行ってきました


ハワイ・オアフ島の北部にあるポリネシア文化センター(Polynesian cultural Center)へ行ってきました。ワイキキから1時間程です。


ポリネシア文化が色々と紹介されています。

ポリネシア文化といっても太平洋の海域に広がっている訳で、ハワイを始め、サモア・フィジー・ニュージーランド(アオテアロア)・マーケサス・タヒチ・トンガなどの7地域を包含して、それぞれに色々な特徴があります。


ポリネシア文化センター自体の紹介は別項として、そこで行われた「カヌーページェント」を動画に編集しました。
これもYouTubeに登録しましたので、見てください。


PCC_CanoePageant.bmp


この動画はVideoStudio 11で編集しました。


posted by 鎌倉太郎 at 09:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする