2020年07月10日

光を求めてか?シクラメンの葉の生育(4) 最終版


葉を広げ始めましたので、今回でこのテーマの最終版とします(こちらこちらこちら)。2番目などは重なって見えます。





ラベル:シクラメン
posted by 鎌倉太郎 at 21:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

米国の独立記念日に合わせて、在NY総領事がアメリカ国歌をギター演奏した動画投稿


米国の7月4日("Fourth of July")の独立記念日(Independence Day)に合わせて、在ニューヨーク総領事館・山野内勘二総領事が祝辞をFacebookに寄せました(こちら)が、その中でロック・ミュージックのパイオニアの一人ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)にインスパイアされたとして、アメリカ国歌「星条旗(The Star-Spangled Banner)」をギター演奏しています。

Happy Independence Day,America_s.jpg


コメントの評判は非常に良いようです。
posted by 鎌倉太郎 at 18:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

光を求めてか?シクラメンの葉の生育(3)


前回の投稿から27時間ほど経っています。覆っていた葉の上に出ました・・・1回目から見ると真っすぐになりました(こちらこちらこちら)。





ラベル:シクラメン
posted by 鎌倉太郎 at 05:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

日本の伝統楽器である箏とエレクトロニック・ダンス・ミュージックの組合せで、軽快な音楽を作り出している「TRiECHOES」パフォーマンス集団


日本の伝統楽器であると人々を踊らせるという目的を持つエレクトロニック・ダンス・ミュージック(Electronic dance music、EDM)の組合せで、軽快な音楽を作り出している「TRiECHOES」パフォーマンス集団があります。2019年2月初旬に突如として現れたとの事ですが、既にYouTubeなどで人気を博しているようです。



先ず、こちらこちらで音楽とパフォーマンスを見てください。






こちらによると、

日本で「こと」と呼ばれる日本の伝統楽器は、(1)琴(きん)、(2)箏(そう)、(3)和琴 (わごと)、(4) 一絃琴 (須磨琴)、(5) 二絃琴 (八雲琴) がある。

との事ですが、調べても上手く説明できそうもないのでこれ以上は書きません。



現代のものと日本の伝統芸術(楽器、芝居など)の融合は幾つかで試みられているようですから、少し広い面から注目したい。
posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

光を求めてか?シクラメンの葉の生育(2)


前回の投稿から未だ10時間ほどしか経っていませんが、伸び盛りの植物は動きが早いようです。


成長の先を塞ぐ様にしていた大きな葉よりも少し高くなっただけで(こちら)、既に伸びる方向を変更しつつあるようです(こちら)。



ラベル:シクラメン
posted by 鎌倉太郎 at 02:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

光を求めてか?シクラメンの葉の生育(1)


全く個人的な趣味ですが、机上PCの横で開花の終わったシクラメンの葉が成長していく様を楽しんでいます(こちら。標準的な育て方は無視していますが・・・)。




その中で急速に伸びつつある葉に注目しています(こちら)。



葉の伸びる先に別の大きな葉があるのを感知してか、伸びる方向を変えつつあります(こちらこちらも参照)。






既に一度同じような状況から上にあった葉を越えた途端に、曲がっていた部分も含めて真っすぐな位置に戻した事があるからです。今度も同じようになるか分りませんが、不要不急な外出を控える中、変化のあった時点で実況レポートしたいと思います・・・
ラベル:シクラメン
posted by 鎌倉太郎 at 16:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

米国の火災で活躍する日本で開発した光学センサ「ASTER」


こちらは地球観測衛星「テラ(Terra)」に搭載されている光学センサ「ASTER (高性能熱放射反射放射計、Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer)」による画像です。米国アリゾナ州ツーソン北部のビッグホーン火災(Bighorn Fire)によって燃やされた地域を画像化しています。画像で植生は赤、焼かれた領域は濃い灰色になっています。



「ASTER」は日本で開発した観測機器で、可視から熱赤外線波長領域までの14個のスペクトルバンドと、約50〜300フィート(15〜90メートル)の高い空間解像度を持ちます。



ビッグホーン火災は、6月5日の夜、アリゾナ州ツーソン北部のサンタカタリナ山脈(Santa Catalina Mountains)で落雷が発生し、乾燥した植生と風が強かった事で火災が急速に広がったとの事。7月2日現在でも延焼中です。

posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

西之島の最新状況


海上保安庁が6月29日に撮影した西之島の最新状況を公開しました。






ラベル:西之島
posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

早朝散策の36日目


今朝は未だ青空が出ていますが、天気予報では午後からは雨になりそうです。

散策20200703_DSC_1357_m.jpg


通常通りに近所の神社まで早朝散策、見かけた人17名(内 2m 以内ですれ違った人5名)で、その他にカラスが1羽と飼い主と散歩の犬が2匹でした。



本日散策路で見つけた植栽の花がこちら。観られる花も段々少なくなってきました。

散策20200703_DSC_1385_m.jpg
ラベル:早朝散策
posted by 鎌倉太郎 at 06:26| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

世界気象機関が雷(稲妻)の2つの最長記録を認定


こちら世界気象機関(World Meteorological Organization、WMO)によるPress Releasesによると、ブラジルとアルゼンチンで発生した雷(稲妻)の2つの最長記録を認定しました。


1つの「1つの稲妻フラッシュの最長幅」は、2018年10月31日にブラジル南部の一部で709±8km(440.6 ±5マイル)の水平距離をカバーした単一のフラッシュです。



これまでは2007年6月20日に米国オクラホマ州で発生した321 km(199.5マイル)でした。



もう1つの「1回の稲妻フラッシュの最大持続時間」は、2019年3月4日にアルゼンチン北部で連続して発達したフラッシュから16.73秒です。



これまでは2012年8月30日にフランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュールで観測した7.74秒間でした。



これまでは地上での観測ネットワークによるデータで計測していましたが、今回は人工衛星での観測データを使えるようになった効果は大きいとしています。

雷で亡くなる人或いは災害も発生しているので、30-30ルール(フラッシュと雷の間の時間が30秒未満の場合は、最後に観察されたフラッシュの後30分待って、野外活動を再開)を守るよう忠告しています。
ラベル:稲妻
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする