2020年06月10日

珍しい瞬間の映像(1) - 太陽光による金星大気の乱反射光


こちらのような現象は金環食など太陽の前を月が通過する時に見られますが、金星や水星でも見られるそうです。今回金星(Venus)が地球に接近した時は(こちらを参照)、直接太陽の前を通過しませんでした。これは太陽光による金星大気の乱反射光だけを撮れるよう、特殊なフィルターで太陽光を遮断しています。



英国イングランドのレスターシャー(Leicestershire)で撮られた画像です。

ラベル:金星
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

綺麗な銀河・星雲(1280) - 土星探査機「カッシーニ」が撮った土星の環の間に見える我が地球と月


今回の綺麗な銀河・星雲は、土星探査機「カッシーニ(Cassini–Huygens)」が撮った太陽系(Solar System)惑星(Planet)である土星の環(Rings of Saturn)の間に見える我が地球(Earth)と月(Moon)です(こちら)。

posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

木星の月「エウロパ」のカラー高精細画像を公開


NASAのこちらの記事によると、木星の月「エウロパ(Europa)」を探査する2024年(2025年?)打ち上げ予定の「エウロパ・クリッパー(Europa Clipper、Europa Multiple Flyby Mission)」の観測の準備活動として、詳細な表面画像を準備し始めました。


木星とその衛星の探査について、NASAは「ガリレオ(Galileo)」を送って、1995年末から2003年9月にかけて観測しています。その時の白黒の高精細画像をベースに、低精細なカラー画像の色彩データを使って、カラーの高精彩画像としてマッピングしました。


今回はこちらの3か所を公開しています。



尚、カラーは人の眼で見たものではなく、水色 or 白色は比較的純粋な氷であり、赤みがかった領域は塩などの氷以外の成分が多く含まれている事を意味します。研究者は表面の形成過程を知る手掛かりにします。







エウロパについては、南極付近から水蒸気と思われる噴出を発見しており、まだまだ先の話しですが・・・探査の結果に期待をしたい。



ラベル:エウロパ EUROPA
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

小惑星探査機「オサイリス・レックス」が行った第1回リハーサルで得られた小惑星の写真を公開


こちらのツイートによると、小惑星「ベンヌ(101955 Bennu)」の探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」が行ったタッチダウンの第1回リハーサルで得られた小惑星表面の写真を公開しました。



こちらのスケジュールで言う⓫(T-0:09、Checkpoint burn)から⓬(T-0:00、back-away burn)の間に撮った一連の写真で作られています。⓫は 394 ft (120 m) で、⓬は 213 ft (65 m)との事ですから、ほぼ計画通りに動作したようです。



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」の第1回リハーサルの目標位置まで到達


こちらのツイートによると、NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」の第1回リハーサルの目標「T-0:00 BACK-AWAY BURN」まで到達しました。



ホームポジションに向けて上昇しています。


posted by 鎌倉太郎 at 08:15| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」の第1回リハーサルは順調、目標まで約20分


こちらのツイートによると、NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」の第1回リハーサルは順調に「T-35」のポイントに来ています。



第1回リハーサルの詳細スケジュールはこちら




posted by 鎌倉太郎 at 07:42| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」がタッチダウンの第1回リハーサルを開始


米国NASAのこちらのツイートによると、小惑星「ベンヌ(101955 Bennu)」の探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」がタッチダウンの第1回リハーサルを開始しました。


現在は0.2 mph (0.3 kph) でベンヌに降下しています。



第1回リハーサルの詳細スケジュールはこちら。運用しているスタッフにとっては、約4時間の緊張した時間が続きます。


こちらに立体的動きを示すアニメーションがあります。




posted by 鎌倉太郎 at 04:06| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」がタッチダウンのリハーサルを4月14日に実施予定


米国NASAのこちらの記事によると、小惑星「ベンヌ(101955 Bennu)」の探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」が8月を予定しているタッチダウンの為の第1回目のリハーサルを4月14日に実施します。




第1回目のリハーサルでは、ホームポジション高度1㎞から高度410フィート(125m)まで下げた後降下速度を落とし、小惑星から約243フィート(75m)の位置で停止し、ベンヌの回転に一致する軌道上に探査機を安定配置できる事を確認します。その間にサンプル採取に必要な機器の動作も確認し、目標地点の状況をキャプチャし続けます。




第2回目のリハーサルは、高度82フィート(25m)まで降下する事が目標で6月23日に行う予定です。
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

NASAが「カッシーニ」で撮った土星の写真を公開


NASAが土星探査機「カッシーニ(Cassini)」で撮った土星の写真を公開しました(こちら)。若干の誇張はあるものの、ほぼ人間の目で見る状態に仕上がった画像になっています。



土星リングの複雑な構造が良く分ります。一方、土星の雲の色が金色になっている理由は分っていません。
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

NASAが火星地表の精細なパノラマ画像を公開


米国NASAのこちらの記事によると、火星探査車「キュリオシティ(Curiosity)」が撮った1000枚以上の写真を合成して、火星地表の精細なパノラマ画像を公開しました(こちら)



埋め込みの画像でズームインすると、更に精細に遠くの小石も見る事ができます(モニター全面への拡大は確認できません)。



こちらの動画でローバーや火星地表の解説をしています(字幕表示をオンにし、設定で自動翻訳を日本語に変更してください)。

ラベル:火星
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする