2019年07月11日

小惑星探査機「はやぶさ2」が、2回目のタッチダウンに向けて順調に下降中【改訂】


小惑星「リュウグウ」探査機「はやぶさ2」が、11日午前に予定する2回目のタッチダウンに向けて、順調に下降を続けているようです。


日本時間:7月11日 07:53 時点の広角カメラONC-W1による航法画像がこちら




タッチダウン運用の「Gate 3」で最終下降判断をするのは11日 08:41 頃です。ライブ配信はこちらで 09:30 頃から始まります(運用状況によって変更の場合あり)。




【改訂】 2019年07月11日 08:25 航法画像の差替え



posted by 鎌倉太郎 at 06:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

小惑星探査機「はやぶさ2」が、2回目のタッチダウンに向けて下降を開始


小惑星「リュウグウ」探査機「はやぶさ2」が、11日午前に予定する2回目のタッチダウンに向けて、高度20㎞地点からの下降を開始しました。こちらのツイートによれば既に5㎞を下回り計画通り秒速約10cm/sに減速しています。




日本時間:7月10日 22:07 時点の広角カメラONC-W1による航法画像がこちら




タッチダウンの運用についてはこちらを参照。特に、運用の概要図低高度における運用シーケンスを掲載しておきます。







posted by 鎌倉太郎 at 22:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

地球に大接近の二重小惑星を撮影


こちらの記事によると、超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)の観測装置「SPHERE(Spectro-Polarimetric High-Contrast Exoplanet Research)」で、先月25日に時速7万km以上で地球まで518万km(月までの距離の約14倍)と最接近した小惑星「(66391)1999 KW4」を撮影しました(こちらの左)。


高速で動くので大分苦労したようです。右はアーティストによるイメージ画像ですが、珍しい二重小惑星(binary near-Earth asteroid)になっています。



こちらのイメージ画像の様に相互に回転しています。




またこちらの様な軌道になっています(白線が地球の軌道、黄線が小惑星「(66391)1999 KW4」の軌道)。




大きい方の直径は1.6㎞もあり、もし地球と衝突すれば大災害になりますが、かなり先まで危険が無いようです。この小惑星を発見したのは1999年5月ですが、こちらの「Close approachs」タブの様に次の大接近は2034年5月です。

小惑星1999 KW4_CloseCloseApproach_s.jpg
(クリックで拡大します)

単位(au)は天文単位ですが、地球と太陽の距離の近似値は約1 auです。



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

JAXAが会見で、探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグ」の表面に人工クレーターを作った事を確認


JAXAが会見で、探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグ」の表面に人工クレーターを作った事を確認したと公表しました(こちら)。



映像としてはこちら

SCI衝突領域_20190425_s.jpg



posted by 鎌倉太郎 at 18:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグ」の人工クレータの状態観測運用は正常に終了。結果発表は夕方


こちらのツイートによると、探査機「はやぶさ2」は小惑星「リュウグ」からの高度1.7㎞まで下降し、1時間強ほど高度を維持して人工クレータの状態を観測する運用は正常に終了しました。夕方に観測結果の発表があるようです。



今回の運用(CRA2)模式図はこちら




posted by 鎌倉太郎 at 16:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

「はやぶさ2」が分離した「衝突装置(SCI)」によるものと思われる小惑星「リュウグウ」表面からの噴出物を確認


JAXAのこちらのプレスリリースによると、探査機「はやぶさ2」が分離した「衝突装置(SCI)」は期待した通りの動作を行ったようです。SCIと同時に分離した確認用のカメラが、小惑星「リュウグウ」表面からの噴出物を捉えました(こちら)。


「リュウグウ」にクレーターができたかどうかは別途「はやぶさ2」が確認する事になります。



posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

探査機「はやぶさ2」が「衝突装置(SCI)」を分離し退避動作へ


こちらのツイートによると、探査機「はやぶさ2」が正常に「衝突装置(SCI)」を分離した事を確認しました。



「はやぶさ2」の広角カメラONC-W1による航法画像は、地上受信時刻 日本時間 10:21 (UTC:2019-04-05 01:21) 現在はこちら




「はやぶさ2」はこれから退避動作に入ります(こちらのSCI運用の模式図を参照)。




posted by 鎌倉太郎 at 11:32| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

探査機「はやぶさ2」の高度が 900m に


こちらのツイートによると、探査機「はやぶさ2」の高度が 900m になりました。



「はやぶさ2」の広角カメラONC-W1による航法画像は、日本時間 09:52 (UTC:2019-04-05 00:52) 現在はこちら




posted by 鎌倉太郎 at 10:20| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

探査機「はやぶさ2」の航法画像をリアルタイムで配信


探査機「はやぶさ2」の広角カメラONC-W1による航法画像を、こちらでリアルタイムで配信しています。


日本時間 20:54(UTC:2019-04-04 11:54)時点の画像がこちら




こちらのツイートによると、「はやぶさ2」の高度が10kmになりました。




posted by 鎌倉太郎 at 21:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

探査機「はやぶさ2」が人工的なクレーターを形成する試みをすべく、小惑星「リュウグウ」へ下降開始


こちらのツイートによるとJAXAが運用する探査機「はやぶさ2」に対し、「衝突装置(SCI)」で人工的なクレーターを形成する新たな試みをすべく、小惑星「リュウグウ」の上空20㎞のホームポジションから13:00に下降を開始した事を確認しました。




各ポイントでの意味と時間などの模式図も発表しています。






posted by 鎌倉太郎 at 14:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする