2016年10月15日

カナダ紅葉とシカゴの旅(22) - 米国の建築家フランク・ロイド・ライトの設計住宅見学


米国シカゴ(Chicago)の現地時間:10月14日(金)15:40です。本日も快晴、建物ツアーコースの一つ、米国の建築家フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)がデザインした一般住宅を見学するコースに参加しました。フランク・ロイド・ライトは日本の帝国ホテル・ライト館(一部博物館明治村に移築)を設計しています。



シカゴ近郊オークパーク(Oak Park)の高級住宅地の中にある、フランク・ロイド・ライト邸兼スタジオ(設計事務所)の内部見学と近隣の(屋外からの)住宅を見学しました(シカゴ・ダウンタウンからバスで見学所要:4時間)。住宅としていた部分の正面がこちら、事務所のある部分がこちら



残念ながら、建物内部の写真撮影はできません。


他の住宅は道路側からの見学ですが、豪邸(こちら)から一般的な住宅(こちら、2軒です)まで10点ほどでした。




 
posted by 鎌倉太郎 at 06:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

カナダ紅葉とシカゴの旅(21) - 展望台からの眺望、屋外アート、オペラ音楽の集い、そして夜景


米国シカゴ(Chicago)の現地時間:10月13日(木)22:30です。本日は快晴、前日の降雨のお陰で空気が澄んでいました。今日は多くの観光・鑑賞ができました。



まず第1に、シカゴ一の高さ:443m(世界14位、米国2位)で110階建てのウィリス・タワー(Willis Tower)の展望台からシカゴ360度の眺望を楽しみました(こちら)。




第2が屋外アートを巡りました。こちらはそのうちの一つチェイスタワー(Chase Tower)にあるマルク・シャガール(Marc Chagall)作の「四季(Four Seasons)」です。




第3がシカゴ第2日に訪問したシカゴ文化センター(Chicago Cultural Center)で開催したオペラ音楽の集いに参加しました。公演中は撮影できませんので、終演後の一時を過ごしている様子を撮った所がこちら




第4にバッキンガム噴水の夜景を撮りました(こちら)。




明日午前の建物巡りのツアーに参加するので、早く寝る為に投稿を簡略にしました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 12:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

カナダ紅葉とシカゴの旅(20) - シカゴ美術館で美術鑑賞


米国シカゴ(Chicago)の現地時間:10月12日(水)22:30です。天気予報が降雨になっていたので、本日はシカゴ美術館(Art Institute of Chicago)で美術鑑賞に充てる事にしていました。実際に美術館に入る時点では雲の多い晴れという天気でしたが(こちら)、美術鑑賞している間かなりの降雨量があり、退館した薄暮以降も降り続いていました。


非常に展示作品が多いので、中世及び近代のヨーロッパ絵画とアメリカ絵画で、ガイドブックや美術館発行の"ポケット・ブック(日本語版)"で紹介している作品を中心としました。

ギュスターヴ・カイユボット(Gustave Caillebotte)作「パリの通り、雨』(Paris Street; Rainy Day、[仏語]Rue de Paris, temps de pluie)」(こちら)



ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)作「グランド・ジャット島の日曜日の午後(A Sunday Afternoon on the Island of La Grande Jatte、[仏語]Un dimanche après-midi à l'Île de la Grande Jatte)」(こちら)



エドワード・ホッパー(Edward Hopper)作「ナイトホークス(Nighthawks)」(こちら)



シカゴ美術館所蔵品として有名な上掲作品以外の作品として、グラント・ウッド(Grant Wood)作「アメリカン・ゴシック(American Gothic)」がありますが、スタッフに聞いた所修復作業中という事で、見られないのは残念です。


モネ、セザンヌ、マティス、ゴッホやレンブラントといった有名な人の作品も見る事が出来ました。



収蔵作品のカテゴリーも幅広く、絵画から彫刻・家具・陶磁器・版画・写真まで展示し、古代から現代までのギリシャ・ローマ・アジア・アフリカなどを含む全世界の歴史的な作品に及びます。

日本アートのコーナーもありました(こちら)


江戸時代の日本の地図まで展示しているのにはチョッとびっくり。



面白そうな作品が幾つかありましたが、その一つがこちら


古代ギリシャのワインカップです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 12:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

カナダ紅葉とシカゴの旅(19) - シカゴ文化センターとグラント・パークの散策


米国シカゴ(Chicago)の現地時間:10月11日(火)19:30です。宿泊ホテルの近くにあるグラント・パーク(Grant Park)を中心とした散策をしました。


グラント・パークに入る前に、シカゴ文化センター(Chicago Cultural Center)を訪問。ステンドグラス・ドームが有名です(こちら)。



加えて天井や壁面の装飾が素晴らしい(こちらこちら)。





グランド・パークは人出も多く、特に「雲の門(Cloud Gate)」の前では鏡に写る自分(達)とリアルな自分(達)を同時に撮ろうとする若い人が多くみられました(こちら)。



パークには野外コンサートホール(Jay Pritzker Pavilionこちら)やバッキンガム噴水(Buckingham Fountainこちら)があります。




グランド・パークはダウンタウンのビル群を望む公園という事から、東京の日比谷公園(又は皇居前広場)の拡大版の様な感じでした。


 
続きを読む
posted by 鎌倉太郎 at 09:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

カナダ紅葉とシカゴの旅(18) - 米国シカゴのホテル周辺散策


米国シカゴ(Chicago)の現地時間:10月10日(月)20:30です。食事と買い物で宿泊ホテルの周辺を散策。朝早くからの移動で疲れもあり、レストランとスーパー(コンビニ?)を探しながらの短時間で切り上げました。



シカゴでの観光ターゲットは建物とオープンアートを巡る事。(ガイドブックで紹介されていないですが)ホテル付近での第1がこちら


「ルーズベルト大学(Roosevelt University)」です。



第2が屋根の装飾が凄いこちらこちら



「ハロルドワシントン図書館センター(Harold Washington Library)」です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 10:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする

カナダ紅葉とシカゴの旅(17) - 米国シカゴのホテルに到着


米国シカゴ(Chicago)のホテルに着きました。現地時間:10月10日(月)16:10です。ケベック・シティーとの時差が1時間あります。


早速、ホテルからの眺めがこちら


目の前が「グランド・パーク(Grant Park)」、背景がミシガン湖(Lake Michigan)です。少し贅沢をして「レイク・ビュー」の部屋にしました。


一休みしたら、早速買い出しがてらに市街の散策に行きます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・中央 | 更新情報をチェックする