2016年02月21日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 5.1.0) - "文書ドキュメント"を新規作成(2)


今回も「青空文庫」のテキスト(写真はWikipedia、その他)を借用して"文書ドキュメント(Writer文書)"を新規作成してみました。

與謝野晶子「晶子詩篇全集」から一部抜粋して詩集的な編集にしてみました(こちら)。テキストの部分では一部でテキストボックスを使っています。また、「書式」→「ルビ」でルビを付けています。


テキストボックスではルビが使えない事が分かりました。


また、2ページ目で「挿入」→「シェイプ」→「基本」で直角三角形を背景で入れていますが(こちらを参照)、PDFエクスポートでは出力できていません。Windows10標準の仮想プリンタ「Print to PDF」によるPDFファイル出力でも表示しませんので、PDFフォーマット上の課題かも知れません。



今回も縦書き2段組に変換してみました。レイアウトは大きく変更せざるを得ませんが(こちら)、やはり写真の位置決めが期待通りになりませんでした。


ルビ付けにより本文の文字位置がズレているのも課題です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-LibreOffice | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 5.1.0) - "文書ドキュメント"を新規作成(1)


今回、「青空文庫」のテキスト(写真はWikipedia)を借用して"文書ドキュメント(Writer文書)"を新規作成してみました。

先ず、横書きのテキストに適宜(「挿入」→「画像」による)写真・(ギャラリーからの)イラスト・リンクなどを挿入して作成しています(こちら)。個々の操作については書きません。



PDFエクスポートしたのがこちら



次に縦書き2段組に変換しました(こちら)。


イラストなどの配置は問題ありませんが、写真の再配置調整をしようとしても期待通りに位置付けできませんでした(1段組でも同様)。また、括弧や日付では手作業による修正が必要になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-LibreOffice | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 5.1.0) - リモートファイルを開く


今回はGoogle Driveにあるファイルにアクセスしてみます。「ファイル」→「リモートファイルを開く」によってファイルサービスの選択から始めます(こちらを参照)。



「Add service」をクリックしてファイルサービスウィンドウを開き「種類」でGoogle Driveを選択します(こちらを参照)。



Google Driveのユーザ名とパスワードを入力してログインすると、ファイル一覧を表示します(こちらを参照)。



ファイルを選択してファイルを開いた所(この操作を3回実施)がこちら


Google Drive上のファイルはOffice互換でもGoogle文書で新規作成(または変換)してもファイルを開く事ができました。



改訂したファイルはリモートファイルに保存できます(こちらを参照)。


別フォルダへファイル名を変更して保管する事もできます。但し、元あったフォルダを(現状は?)デフォルト表示してくれません(rootになっている)ので、保存先フォルダの確認をする必要があります。



尚、ファイルサービスの「種類」にOneDriveがありますが、(現状は?)利用できません(こちらを参照)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-LibreOffice | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 5.1.0) - インストールと確認


Windows10をディスク上綺麗にしてから再インストールした事もあり、マイクロソフト社のOfficeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 5.1.0)を、こちらからダウンロードして使ってみる事にしました。別途安定板(Ver 5.0.5)があります(リリースノートはこちら)。


実際に我家IT環境ではWindows向け 64bits版をインストールしました。



最初に起動した所がこちら


多様なファイルを開く事ができます。早速、順番にPCローカルに既存のExcelファイル(こちら)・PowerPointファイル(こちら)・Wordファイル(こちら)を開いてみました。


何れも簡単な文書ですが、Calc表計算文書・Impressプレゼンテーション・Writer文書として問題なく開く事ができました。


次に簡単なHTMLファイルを開きブラウザ表示と比べた所がこちら


ブラウザ表示形式になっています。



尚デスクトップアイコンからの次の起動の時にはこちらの様に既読ファイルのサムネイルを表示します。




次回から文書種別毎に使ってみます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-LibreOffice | 更新情報をチェックする