2024年07月16日

綺麗な銀河・星雲(1989) - りょうけん座(Canes Venatici)にある矮小銀河で不規則銀河「NGC 5238」


今回の綺麗な銀河・星雲は、りょうけん座(Canes Venatici)にある矮小銀河(Dwarf galaxy)で不規則銀河(Irregular galaxy)「NGC 5238」です(こちら)。NGC5238の形が潮汐(Tide)によって歪んでいる事から、10億年にならない以前に他の小さい銀河を相互作用(Interacting galaxy)により飲み込んだ為と考えられています。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像




posted by 鎌倉太郎 at 01:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月18日

綺麗な銀河・星雲(1988) - とも座(Puppis)にあるHII領域「RCW 7」


今回の綺麗な銀河・星雲は、とも座(Puppis)にあるHII領域(H II region)「RCW 7(Sharpless 302、Sh 2-302)」です(こちら)。「RCW 7」の上部の中に大質量の原始星(Protostar)の連星「IRAS 07299-1651」があります。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による近赤外線画像




posted by 鎌倉太郎 at 03:06| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月16日

綺麗な銀河・星雲(1987) - おおぐま座(Ursa Major)にある青色コンパクト矮小銀河「I Zwicky 18」


今回の綺麗な銀河・星雲は、おおぐま座(Ursa Major)にある青色コンパクト矮小銀河(blue compact dwarf galaxy)「I Zwicky 18」です(こちらこちら)。


ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope)による画像



ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



より広い範囲のハッブル宇宙望遠鏡による画像がこちら。左上は伴星銀河(Satellite galaxy)で相互作用(Interacting)しています。




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月14日

綺麗な銀河・星雲(1986) - しし座(Leo)にある(中間)渦巻銀河「M66(Messier 66)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、しし座(Leo)にある(中間)渦巻銀河(Intermediate Spiral galaxy)「M66(Messier 66、NGC3627)」です。今回の掲載では観測したデータで「可視光+近赤外線」を使ったか(こちら)、それに「紫外線」を加えて合成したか(こちら)の違いを示しています。紫外線は最も若く最も熱い星の主要なトレーサーであり、星形成(Star formation)の様子を包括的に扱う事が出来ます。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像






posted by 鎌倉太郎 at 02:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

綺麗な銀河・星雲(1985) - かじき座(Dorado)にある球状星団「NGC 2005」


今回の綺麗な銀河・星雲は、かじき座(Dorado)の大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)にある球状星団(Globular cluster)「NGC 2005[独語]」です(こちら)。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



「NGC 2005」のような球状星団は、重力的に固く結びついて安定性が非常に高く、古い星々で構成されている事が多いです。また、「NGC 2005」の星々は大マゼラン雲の他の星々とは異なる化学組成を持っているので、大マゼラン雲が歴史のどこかで別の銀河と合体したと考えられています。



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月05日

ハッブル宇宙望遠鏡が、 3ジャイロから1 ジャイロへ


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)は、3基稼働中のジャイロスコープの内、現在特定の1基に誤ったテレメトリが取得される問題が発生しセーフモード入りして観測を一時停止しています。こちらの記事によると、今後は1つのジャイロスコープのみで運用するモードにする移行作業を進めているとの事。もう1つは将来の使用に備えて残して置くので、さらに長期に亘って運用が可能になると云います。

これまではジャイロの電子機器を何度もリセットして正常な値に戻す事を繰り返してきましたが、短期間ながら 1ジャイロモードでの運用を行った場合でも科学観測の品質には影響がなかったとの事でした。ハッブル宇宙望遠鏡では、効率を最大化する為に3つのジャイロを使用しているので、観測目標を旋回してロックオンするのにより多くの時間が必要になったり、火星よりも近い移動物体を追跡する事(これらはハッブルにとって稀な目標ですが)もできなくなります。

運用チームは6月中旬までに観測を再開する予定にしているようです。それにしても当初の予定運用期間は15年(その間に数回スペースシャトルから修理などを受ける予定)だったのに、最近 34 周年を迎えたというのは、観測成果と合わせて素晴らしいです。


Posted by @NASAHubble | X (旧Twitter)



posted by 鎌倉太郎 at 11:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1984) - かじき座(Dorado)にある天体構造「N44F」


今回の綺麗な銀河・星雲は、かじき座(Dorado)にある天体構造「N44F」です(こちら)。「N44F」は中心にある若い高温の恒星(Star)から噴出する恒星風(Stellar wind)と強烈な紫外線によって吹き寄せられたガスの空洞です。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



「N44F」はスーパーバブル(Superbubble)を持つ輝線星雲(Emission nebula)「N44」の一部です。「N44」はこちらで紹介しています。



ラベル:かじき座 dorado N44F
posted by 鎌倉太郎 at 00:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月04日

綺麗な銀河・星雲(1983) - りゅうこつ座(Carina)にある棒渦巻銀河「NGC 3059」


今回の綺麗な銀河・星雲は、りゅうこつ座(Carina)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 3059」です(こちら)。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像

posted by 鎌倉太郎 at 00:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

衝撃の映像: 太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」が捉えた「太陽で発生する竜巻」


太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory、SDO)」が捉えた「太陽で発生する竜巻(Solar Tornado)」:

太陽で発生する竜巻は、太陽の大気から形成される巨大なプラズマの渦で、地球上の竜巻とは異なり、太陽の磁場によって太陽のプラズマを巻き上げる事で発生します。2023年の例では地球の約6倍の規模でした。

Posted by Phys.org




2024年5月観測

posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする