2018年08月29日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(4)


オープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」の既存機能について、順次使っていく事にします。今回は画像処理をする対象画像の色々な取得方法です。

外部ファイルとして存在する画像ファイルの取り込みは、メニュー「ファイル」→「開く/インポート」でできます。新規の作成する何も描かれていないキャンバスを作るメニュー「ファイル」→「新しい画像」は既に実施してみました。ここでは別の形で存在する画像情報(データ)を使って、画像ファイルとして生成するメニュー「ファイル」→「画像の生成」を使います(こちら)。




最初は「スクリーンショット」です。「スクリーンショット」ウィンドウで取り込む範囲を単一ウィンドウ単位とするか画面全体とするかを指定し、「スナップ」アイコンで開始用ウィンドウ「Select Window」を開いて、「+」を取り込みウィンドウにドラッグします。


単一ウィンドウ単位の場合の例がこちら


画面全体を指定した時の例がこちら


取り込んだ時の画像サイズにより、GIMPウィンドウのサイズが変わる事があります。その際はウィンドウのサイズを変更したり、下部にある画像表示の拡大/縮小率を変更します。

「スクリーンショット」ウィンドウでは「待ち時間」を設定する事ができます。何らかの立ち上がり待ちとかがある場合に有効です。



次がメニュー「ファイル」→「画像の生成」→「スキャナー/カメラ」です。スキャナーのデバイス選択や画像特性の指定などをしてスキャンします(こちら)。


ここはスキャナーのドライバーで変わってくると思います。


結果としてこちらの様に取り込みます。


残念な事に我家の環境ではカメラからの取り込みができませんでした。原因は分っていません。



3つめがメニュー「ファイル」→「画像の生成」→「ウェブページから」です。「ウェブページから画像を生成」ウィンドウでURLを指定します(こちら)。



取り込んだ例がこちら


URLのページ全体を取り込めますが、埋め込みスクリプトなどで動的に表示する部分は、取り込む事ができません。



このような場合はWindowsの「Snapping Tool」やFirefoxが持つ「スクリーンショットを撮る」を使って、クリップボードに取り込んでから、メニュー「ファイル」→「画像の生成」→「クリップボードから」を使います(こちら)


上部には一連の作成した画像サムネイルを表示していますので、それをクリックすればタブ・アイコンの役割をして、直接希望の画像ファイルを表示できます。



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(3)


オープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」の新機能に、フィルタとしてメニュー「Map」→「Little Planet」が加わりました(こちら)。




こちらの様に「Little Planet」ウィンドウで「Pan」・「Tilt」・「Spin」・「Zoom」などにより変形の調整ができます。



例えばこちらの様にできます。




「Tilt」の調整によって、こちらのようにする事もできます。




こちらのページから借用した(一部を切り抜いている)遠景パノラマ写真などの様に高さの差異が小さい場合には(こちら)、より円形に近い画像にする事ができます(こちら)。




メニュー「ツール」→「ズーム」により中心にズームすると、こんな画像が得られます。



更に360度パノラマのように、画像の左右が整合する場合にはさらに整った画像になるかも知れません。



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(2)


オープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」の新機能に、フィルタとして「Long Shadow」が加わりました。影を付けるというよりも文字を立体的に見せる機能になります。

先ず、透明な背景のもとに、文字を入れた画像ファイルを用意し(こちら)、GIMP内部のファイルとして保管しておきます。




文字の部分を明確に見えるようにする為、バックグラウンドとする画像を新規に作ります(こちら)。




用意してある文字の画像ファイルをレイヤーとして読み込みます(こちら)。



画像ファイルを読んで「矩形選択」を使い次に処理を加える範囲として上の文字列を選択します(こちら)。



メニュー「Filters」→「Light and Shadow」→「Long Shadow」で(こちら)「Long Shadow」ウィンドウを開き、「Angle」・「Length」・「Color」などで変形します(こちら)。





次に下半分の文字列を処理範囲に選択して、メニューで「Long Shadow」のすぐ上にある「Drop Shadow」の場合には(こちら)、下の紙に写る影のようになります(こちら)。





posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(1)


こちらの記事によるとオープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」を公開しました。テキストの縦書き表示や新規フィルターなど魅力的な機能を実現しているので使ってみます。非常に多様な機能を持つので先ず最新版で実現した機能を、基本機能と共に利用していきます。

「GIMP」最新版(Ver 2.10.6)のダウンロードはこちらのページから行います。


同じページからダウンロードできるHelp用ファイル(日本語あり、インストール要)をローカルに設定しておく事をお勧めします。



今回はテキストの縦書き表示を使います。テキストを表示する背景の画像は、メニュー「ファイル」→「開く/インポート」で行います(こちら)。



「GIMP」は画像編集する時点では専用の画像形式を使うので「変換」処理をします(こちら)。




結果がこちら




さて、今回テーマのテキストは、メニュー「ツール」→「テキスト」により枠(ボックス)を(ドラッグして)作成し入力します(こちら)。



表示は左から右への横書きになっていますので、テキストに対して右クリックメニューで「Vertical, right to left(mixed orientation)」を選択します(こちら)。




同様にテキストボックスを作成して右クリックメニューで「Vertical, left to right(mixed orientation)」とすると、縦書きでも行並びの方向を逆にできます(こちら)。




上掲の2つの場合には英文字が横になっていますが、右クリックメニューで「Vertical, right to left(upright orientation)」を選択すると、縦並びにできます(こちら)。




この表示方向の選択は継続しますので、2回目以降に同じ属性のテキストボックスを作る時は必要なくなります。



posted by 鎌倉太郎 at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

人工知能を用いて白黒写真を自動色付けするサイト


「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」をするサイトを公開しています。




操作は白黒写真を指定して「色付け」をクリックするだけという簡単さ。指定の下に表示します。実際に処理した結果がこちらこちらこちらこちら







全て巧く色付けできてはいませんが、昔の風景を彷彿させます。尤もこちらのサイトの様に人手による色付けには至りません・・・



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

Jpegファイルを高画質でノイズ除去して拡大できるWebサイト「waifu2x」


不可逆的なJpegファイル形式を何度か画像処理して保管すると、ノイズが入ってしまいます。画像処理の操作中は、pngファイル形式や画像処理ソフトの独自形式を使い、最終的に望む形式で保管する事もできますが、状況によってはそれができない場合があります。

こちらで登録している、Jpeg画像を拡大する時に生ずるノイズなどの課題を人工知能技術「深層畳み込みニューラルネットワーク(Deep Convolutional Neural Networks)」で解決してくれるソフトが、Webサイト「waifu2x」で利用できます。一度こちらで紹介していますが、バージョンアップしたので再試行してみます。

こちらのイラスト画像(こちらから借用)でその確認をしてみます。そのイラスト画像をPhotoshop Elementsで単純に5回Jpegファイルとして書き出したこちらの画像ファイルをベースとします。



比較の為にPhotoshop Elementsで縦横2倍(面積4倍)にし、ノイズ除去処理をした画像がこちら(1つの比較部分の拡大を下に示す)。



一方、こちらの指定で縦横2倍に拡大処理したのがこちら(1つの比較部分の拡大を下に示す)。




1例だけですが非常に有効である事が分かります。このサービスはブラウザによって上手く動かない場合があります。今回はChromeで確認しました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

GIFアニメーションのままにリサイズするソフト「GIFmicro」


GIFアニメーションをGIFアニメーションのままにリサイズするフリーソフト「GIFmicro」を使ってみました。こちらから最新バージョン: 1.6 をダウンロード&インストールしました。




アプリを立ち上げた所がこちら


実際に1つのGIFアニメーションをアップロードし、右上の「≡」のクリックでメニューを表示した所がこちら


「リサイズ」にチェックを入れ、リサイズ結果の幅と高さを入力します。別ファイルにしたい時は、「ファイル名」にチェックを入れて接尾辞を設定します。更に保存先の指定を、「デスクトップの特定フォルダ」・「画像ファイルと同じフォルダ」などから選択します。

左上の「最適化スタート」アイコンのクリックでリサイズ処理をします。元ファイルがこちらに対して、リサイズ生成したGIFアニメーションがこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

人工知能を用いた絵画への変換サイト「DeepArt.io」を使ってみる(10)


人工知能(Artificial intelligence、AI)を用いた写真から絵画変換するサイト「DeepArt.io」を試行したので(こちら)、幾つかのケースで処理(画像変換)の傾向をチェックしたいと思います。



今回利用する写真はこちらから借用しました。静止画でもう一つのポイントが花ですね。


結果がこちらこちらこちら




色彩は多様ですが、チョッと面白い絵になった率が高かったように思います。



実際に生成した画像を選んでみました。こちらこちらこちら






ここまで多くのケースで試行し、素材や結果の絵を評価しながら、絵画を描くにあたり基本的な考え方は何なのか、今後芸術というものの方向性や一般人にとって芸術による効果として何を期待するかを考える機会になりました(上から目線になりますが・・・)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

人工知能を用いた絵画への変換サイト「DeepArt.io」を使ってみる(9)


人工知能(Artificial intelligence、AI)を用いた写真から絵画変換するサイト「DeepArt.io」を試行したので(こちら)、幾つかのケースで処理(画像変換)の傾向をチェックしたいと思います。



今回利用する写真はこちらから借用しました。静止画の典型でテーブル上で皿に載った果物がありますが、今回は野菜系を使ってみました。


結果がこちらこちらこちら




デザインスタイルの色彩が強く反映します。



実際に生成した画像を選んでみました。こちらこちらこちら





 
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

人工知能を用いた絵画への変換サイト「DeepArt.io」を使ってみる(8)


人工知能(Artificial intelligence、AI)を用いた写真から絵画変換するサイト「DeepArt.io」を試行したので(こちら)、幾つかのケースで処理(画像変換)の傾向をチェックしたいと思います。

今回利用する写真はこちらから借用しました。趣きのある風景写真なのですが、前回と同じくポイントとなる対象がないという点で選択しました。


結果がこちらこちらこちら




今回も元の写真を想起する事の出来るデザイン指定に苦労しました。



実際に生成した画像を選んでみました。こちらこちらこちら





 
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする