2011年06月03日

北欧3カ国の旅 - スウェーデン・ストックホルム市庁舎【改訂】


スウェーデンのストックホルム空港に降りて、最初に向かったのがストックホルム市庁舎。と言っても普通の市庁舎ではなく、ノーベル賞授賞祝賀晩餐会が開かれる場所と言われれば納得するはず。





ストックホルム・アーランダー国際空港到着予定が14:00で、市庁舎見学の受付締切りが15:30との事。飛行機が予定通り到着しても、空港からコペンハーゲン中心部の市庁舎に着くまでの時間を考慮すると、ガイドが急がせる程のタイトな企画スケジュールなのに、飛行機の到着が30分遅れ、入国審査にも時間が掛かり、全員諦めていました。しかし、現地ガイドが市庁舎側と掛け合って了解を取ってくれ、入館を認めてもらって見学が実現しました。





1911~1923年にかけて建てられた、北欧中世風のデザインで宮殿を思わせると言う説明も、ノーベル賞絡みという方の印象が強く、余り頭に残らないようです・・・



市庁舎のノーベル賞受賞祝賀晩餐会・舞踏会に関する部分の配置を示したのがこちら



③の階段下に広がる大広間が晩餐会を開催する「青の広間(ブルーホール)」(こちら)。



これでは華麗な晩餐会のイメージが湧きませんので、こちらも合わせて見てください。



参列者が着席している中、王家の人々や受賞者などが右のテラスから階段伝いに降りてきて、中央のテーブルに着席するのだそうです。



ガイドブックでは「ブルーホールの大広間」と紹介されていたのですが、実際の内装は赤レンガの壁面で、「青い広間」ではありませんでした。天井までの3フロアが吹き抜けになっていて、高窓からの採光効果もあって素晴らしいホールでした(この「青の広間」は普段でも式典やコンサートに使われるそうです)。


階段の中程に演壇があります。




上掲の図の④が「黄金の間」(こちらを参照)で、1900万枚の金箔モザイクで飾られた壁面になっています(こちらを参照)。ここが舞踏会で使われるのだそうです。








上掲の図の①が、晩餐会の後で国王が受賞者と改めてレセプションを行う広間(「王子のギャラリー」。こちらを参照)。





今回は見学コースに入っていませんが、ノーベル賞の授賞式自体は近くのストックホルム・コンサートホールで行われるそうで、これらを含めノーベル賞に関する(平和賞以外の)ストックホルムでのセレモニー関連情報をこちらにまとめました。




市庁舎ですから同じ2階には議場があります(こちらを参照)。



天井はバイキング風の造りになっていました(こちらを参照)。





続いて王宮などのある旧市街地を見学しましたが、次回に。



【改訂】 2019年05月24日 10:00 画像表示方式の変更



ラベル:北欧
posted by 鎌倉太郎 at 17:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-北欧諸国 | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

北欧3カ国の旅 - 南回り航空路と機内食【改訂】


北欧3カ国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の最初の訪問地は、スウェーデン(Sweden)・ストックホルム(Stockholm、首都)ですが、成田からのツアーでの航空路は北回りでなく、往復の航空路がカタール航空によるカタール(Qatar)・ドーハ(Doha)経由の南回りヨーロッパ線を利用していました。




より大きな地図で 北欧3カ国の旅:観光地 を表示


ヨーロッパへの航空路として南回りを利用する事になったのは初めてです。しかも、関西空港経由も初めてでした。結局、成田空港5月21日20:50発→関西空港→ドーハ空港→ストックホルム空港22日14:00(日本時間22日21:00)着になり、出発から到着まで24時間掛かった事になります。



Google Search公式ブログによると、最近公開したサービス(現状日本語版は不可、英語版などで可能)で空港間の航空スケジュールが検索できるようになったので使って調べてみました。


成田-ストックホルム直行便を「flights from Narita to Stockholm」で検索すると残念ながらないとなるのですが、成田-コペンハーゲン直行便を「flights from Narita to Copenhagen」で検索すると11時間30分ほどで到着(こちらを参照)し、コペンハーゲン-ストックホルム間が70分(1日6~20便、こちらを参照)になっていますから、南回りが如何に時間が掛かったかが分ります。安いパックツアーだからしようがないのですが・・・・






食事は各区間で出ます(成田-関空は軽食、他は2回の機内食)から、24時間に5食が用意されている事になり、殆ど運動もしないので最後はもう要らない!!・・・・・という状態でした・・・・



新発見(??)も2点ありました。


カタール航空は、イスラム教国の国営航空会社という事もあるのでしょうが、映画などが見られるモニター上で、メッカの方向を飛行中もリアルタイムで表示するメニューがあます(表示例がこちら)。イスラム教信者の方が搭乗していたかは分りません・・・



関西空港経由を使った事があれば既知でしょうが、帰国便では「関西空港経由」といっても(日本国の規定によって・・・)乗り継ぎ扱いで、一旦降りて別の機体に乗り換えます。出国時は1時間ほど機内で待機している間に、関西空港からの乗客が乗り込んでくる形でした。


これは降りた乗客が爆弾を忘れていく(?)と困る・・・というセキュリティ上の問題でしょうから、我慢です。



【改訂】 2019年06月11日 06:50 埋込画像スクリプトの変更



ラベル:北欧 Google検索
posted by 鎌倉太郎 at 17:07| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-北欧諸国 | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

北欧3カ国の旅 - 旅行概略とヨーロッパ食中毒


5月21日から30日までの10日間で、北欧3カ国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の旅に行ってきました。
旅行は38名のパックツアーで、スウェーデンに1泊、ノルウェーに3泊、移動の為のクルーズで1泊、デンマークで2泊でした。

北欧3カ国の旅:観光地



より大きな地図で 北欧3カ国の旅:観光地 を表示




2009年のエジプトツアー旅行では観光した同じ場所で1週間後に爆発事件がありました(こちらを参照)し、2010年のスイス旅行では「氷河急行」の脱線事故がありました(こちらを参照)。



今年はそのような事が無いように祈っていたのですが、やはり・・・・起きてしまいました。しかも我々のツアーのグループでも・・・・

今ヨーロッパで蔓延しているという腸管出血性大腸菌に感染したと思われる症状の人が、ツアーメンバーの(話しを聞いた範囲で)25%に達していました。幸いコペンハーゲンでフリータイムの1日半の中で症状が発生・安定化した為、全体スケジュールに影響しないで済みました(勿論フリータイムにベッドで安静にしていた人には大きな問題)。
出発日に(スウェーデンに着いてから知ったのですが・・・・)、アイスランドのグリムスボトン火山が噴火して(こちらを参照)、去年のように航空機の欠航が長引くかと心配しました。幸い、噴火が早く収まりそうとの情報もあったので、安心していたのですが・・・・

尚、ヨーロッパでの食中毒に関連するニュースをこちらにまとめておきました。



旅行自体は楽しい旅になりました。次回からそんな過程を投稿します。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-北欧諸国 | 更新情報をチェックする