2008年06月07日

日本実験棟「きぼう」の船内保管室が、本来の設置場所へ移設


日本実験棟「きぼう」の船内保管室が、STS-123で仮設置にされていた「ハーモニー」(第2結合部)天頂部から本来の設置場所である船内実験室の天頂部へ移設されました。


その様子がYouTube動画に登録されました。




これで日本実験棟「きぼう」のほぼ3分の2は完成(残りは、STS-127で打ち上げる船外実験プラットフォームと船外パレット)。STS-124での今後の「きぼう」関連作業は、船内実験室と船内保管室の整備、「きぼう」ロボットアームの操作確認などです。



posted by 鎌倉太郎 at 23:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック