2008年04月15日

「最後の晩餐」の超高画質の画像をネットで公開


15日のNHK番組『クローズアップ現代』で、イタリアでの本物の文化財に対する扱いを放送した中で、レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」の超高画質の画像をネットで公開しているとのコメントがあり探してみました。


160億画素という非常に高い解像度の画像です。最後の晩餐は15世紀、ミラノにあるサンタマリアデレグラツィエ教会の食堂の壁に描かれたフレスコ画ですが、修復作業が完了しています。

このサイトから、「最後の晩餐」のイメージをクリックします。




この画面で画像を拡大していくと、ひび割れしている所まで判ります。

撮影時の動画もあります。


更に調べていくと、この高解像度の画像については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも紹介されていました。



さて、サンタマリアデレグラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)の場所は、「Live Search 地図検索」サービスで、『住所、都市名、または場所』として、
「Chiesa di Santa Maria delle Grazie,Milano」
を入力・検索。候補一覧から、
「Church of Santa Maria delle Grazie (church), Milan, Lombardy, Italy」
を選択。更に、「2D」、「概観図」をクリックしたものがこれ。
Chiesa di Santa Maria delle Grazie.bmp(クリックで拡大)
ラベル:最後の晩餐
posted by 鎌倉太郎 at 23:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 一覧-電子展示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック