2008年03月22日

Appleの最新版ブラウザ「Safari 3.1」を使ってみて


Appleの最新版ブラウザ「Safari 3.1」を前に紹介しましたが、2~3日ほど集中的に使ってみました。


結果として、Webサーバによって動作しないページがありました。技術的に何が原因であるかは判りませんが、具体的なサイトを挙げてその背景となっている技術を想像するしかありません。

現状(3月22日時点)で動作しないと思われるサイトは、本ブログで紹介しているサイトを中心に(確認した範囲では)以下の通りでした。

(1)「Live Search Map」や「goo地図」が動作しない。但し、「Windows Live」、「Yahoo! 地図」、「google 地図」や「Google Sky」ブラウザ版は動作する。

(2)「ANIMOTO」も動作しない。

(3)「Gyao」はIEを前提とした環境を利用しており、「Safari 3.1」及び「Firefox 2」の何れも動作しない。

(4)「Zoho Show 2.0」のページ表示機能について、サポートしていない旨のメッセージが出る。

(5)「MSNビデオ」でサポートしていない旨のメッセージが出る。



前回の2点も合わせて、これから何が判るかというと、実際には何も判らないに等しく、これらのサイト(Webサービス)を使う時は注意が必要という事。


一時「Safari 3.1」がMPUを非常に消費する現象があったので、単独の動作確認を色々してみましたが、単純な利用では再現性はありませんでした。ただ、Windows XPのタスクマネージャ「プロセス」でメモリーの利用状況を確認したら、「Safari 3.1」は「Firefox 2」に比べて25%~50%増を消費している事が判りました(IE 7も「Safari 3.1」と同程度消費します)。

もう少し調べてみるつもり。
posted by 鎌倉太郎 at 23:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック